最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

グレースケール イメージ

グレースケール イメージ (グレー レベルとも呼ばれる) は、値がある範囲内の強度を表すデータ行列です。MATLAB® では、グレースケール イメージを個々の行列として格納します。これらの行列の各要素はイメージの 1 ピクセルに対応しています。このドキュメンテーションの慣例では、変数名 I を使用してグレースケール イメージを参照します。

行列のクラスは uint8uint16int16single または double になります。グレースケール イメージがカラーマップと共に保存されることはほとんどありませんが、MATLAB ではカラーマップを使用してイメージを表示します。

既定のグレースケール カラーマップを使用している、single クラスまたは double クラスの行列の場合、強度 0 は黒を表し、強度 1 は白を表します。タイプ uint8uint16 または int16 の行列の場合、強度 intmin(class(I)) は黒を表し、強度 intmax(class(I)) は白を表します。

次の図は、double クラスのグレースケール イメージを示しています。

グレー レベルを定義するグレースケール イメージ内のピクセル値

関連するトピック