Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Figure へのスクロール パネルの追加

Figure の主要ナビゲーション ツールはスクロール パネルです。スクロール パネルにイメージを表示するとき、イメージが大きすぎて Figure ウィンドウに収まらない場合は、イメージの一部だけが表示されます。イメージの一部しか見えないとき、スクロール パネルは水平と垂直のスクロール バーを追加して、現在見えていないイメージの部分を表示できるようにします。

イメージをスクロール パネルに表示すると、表示されたイメージのオブジェクト階層が変わります。次の図は、figure オブジェクト内の axes オブジェクトに表示されているイメージの典型的なオブジェクト階層を示しています。

Figure に表示されるイメージのオブジェクト階層

関数 imscrollpanel を呼び出してターゲット イメージをスクロール可能なウィンドウに配置すると、このオブジェクト階層が変わります。imscrollpanel が、figure オブジェクトと、image を含む axes オブジェクトの間の階層に新しいオブジェクトを挿入します。次の図は、imscrollpanel を呼び出した後のオブジェクト階層を示しています。

スクロール パネルに表示されるイメージのオブジェクト階層

スクロール パネルに figure を追加した後、imscrollpanel の API で関数 replaceImage を使用すると、スクロール バーに表示されるイメージ データを変更できます。

スクロール パネルのナビゲーション ツールは Figure ウィンドウのツール バーおよびメニュー バーと互換性がありません。Figure ウィンドウに表示されるイメージにスクロール パネルを追加すると、Figure からツール バーとメニュー バーが非表示になります。このサンプル コードは、これを行う 1 つの方法を示しています。

hfig = figure('Toolbar','none', ...
              'Menubar','none');
himage = imshow('concordaerial.png');
hpanel = imscrollpanel(hfig,himage);

参考

| |

関連する例

詳細