最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

nyquistplot

追加のプロット カスタマイズ オプションをもつナイキスト線図

構文

h = nyquistplot(sys)
nyquistplot(sys,{wmin,wmax})
nyquistplot(sys,w)
nyquistplot(sys1,sys2,...,w)
nyquistplot(AX,...)
nyquistplot(..., plotoptions)

説明

h = nyquistplot(sys) は、動的システム モデル sys のナイキスト線図を描画します。また、プロット ハンドル h を返します。getoptionssetoptions コマンドを使ってプロットをカスタマイズするためにこのハンドルを使用することができます。次のように入力すると

help nyquistoptions 

使用できるプロット オプションの一覧が得られます。

周波数範囲と点数は自動的に選択されます。離散時間における周波数の記述の詳細については、bode を参照してください。

nyquistplot(sys,{wmin,wmax})wmin から wmax までの周波数 (rad/TimeUnitTimeUnitsysTimeUnit プロパティで指定される、入力動的システムの時間単位) のナイキスト線図を描画します。

nyquistplot(sys,w) は、ユーザーが指定した周波数のベクトル w (rad/TimeUnit 単位、TimeUnitsysTimeUnit プロパティで指定された入力動的システムの時間単位) を使用します。この周波数でナイキスト応答が評価されることになります。対数間隔の周波数ベクトルを作成するためには、logspace を参照してください。

nyquistplot(sys1,sys2,...,w) は、1 つのプロットに複数のモデル sys1sys2、...のナイキスト線図を描画します。周波数ベクトル w は、オプションです。システムごとに次のように、色、ラインスタイル、およびマーカーを指定することもできます。

nyquistplot(sys1,'r',sys2,'y--',sys3,'gx')

nyquistplot(AX,...) は、ハンドル AX をもつ座標軸内にプロットします。

nyquistplot(..., plotoptions) は、plotoptions で指定されたオプションでナイキスト応答をプロットします。次のように入力すると

help nyquistoptions 

詳細が得られます。

例 1

ナイキスト線図周波数単位のカスタマイズ

ナイキスト周波数応答をプロットし、単位を rad/s に変更します。

sys = rss(5);
h = nyquistplot(sys);
% Change units to radians per second.
setoptions(h,'FreqUnits','rad/s');

例 2

次数 2 および 6 の同定された状態空間モデルの周波数応答と 50 番目の周波数サンプルごとに表示される 1-std の標準偏差信頼領域を比較します。

load iddata1
sys1 = n4sid(z1, 2) % discrete-time IDSS model of order 2
sys2 = n4sid(z1, 6) % discrete-time IDSS model of order 6

両方のモデルは、データを約 76%近似します。しかし、sys2 の周波数応答が、特にプロットに示されるように Nyquist 周波数に近づくと、不確かさが高まります。

w = linspace(10,10*pi,256);
h = nyquistplot(sys1,sys2,w);
setoptions(h,'ConfidenceRegionDisplaySpacing',50,'ShowFullContour','off');

右クリックし、[特性]、[信頼領域] を選択して信頼領域の特性をオンにします。

ヒント

単位などのプロットのプロパティを変更することができます。プロットのプロパティの変更方法の詳細は、プロットをカスタマイズする方法 (Control System Toolbox)を参照してください。

R2012a で導入