Main Content

このページは機械翻訳を使用して翻訳されました。最新版の英語を参照するには、ここをクリックします。

addPortGroup

ポート グループ マッピングをsvdpiConfigurationオブジェクトに追加します

R2023a 以降

    アドオンが必要です: この機能には、 ASIC Testbench for HDL Verifierアドオンが必要です。

    説明

    addPortGroup(svdpiConfig,groupName,portNames) は、 nameという名前のポート グループをsvdpiConfigurationオブジェクトに追加し、 portNamesにリストされているポートを割り当てます。 $をそのグループに送ります。

    すべて折りたたむ

    UVM スコアボード テンプレートを使用して構成オブジェクトを作成します。次に、ポート グループをオブジェクトに追加します。

    • inFromMon — スコアボードへの入力を監視します

    • inFromPred — スコアボードへの予測入力

    • inErrorThreshold — スコアボードへの構成入力

    c = svdpiConfiguration('uvm-scoreboard');
    addPortGroup(c, 'MONITOR_INPUTS','inFromMon'); % single input
    addPortGroup(c, 'PREDICTOR_INPUTS',{'inFromPred1','inFromPred2'}); % array of 2ports
    addPortGroup(c, 'CONFIG_OBJECT_INPUTS',{'inErrorThreshold'});

    UVM 予測子テンプレートを使用して構成オブジェクトを作成します。次に、ポート グループをオブジェクトに追加します。

    • inFromMon — 予測器への入力を監視する

    • inErrorThreshold — 予測器への構成入力

    c = svdpiConfiguration('uvm-predictor');
    addPortGroup(c, 'PREDICTOR_INPUTS','inFromMon'); % single input
    addPortGroup(c, 'CONFIG_OBJECT_INPUTS',{'inErrorThreshold'});

    UVM シーケンス テンプレートを使用して構成オブジェクトを作成します。次に、構成ポート グループをオブジェクトに追加します。

    snr — サウンド対ノイズ比を定義する、シーケンスへの設定入力。

    c = svdpiConfiguration('uvm-sequence');
    addPortGroup(c, 'CONFIG_OBJECT_INPUTS',{'snr'});

    入力引数

    すべて折りたたむ

    SystemVerilog DPI 構成。TG svdpiConfigurationオブジェクトとして指定します。

    ポート グループをsvdpiConfigurationオブジェクトに追加します。ポート グループの名前とポートのリストを、コンマで区切って文字列または文字ベクトルとして指定します。

    例: name='CONFIG_OBJECT_INPUTS',{'pErrorThreshold'} は、 'CONFIG_OBJECT_INPUTS'という名前の入力ポート グループを追加します。ポートは{'pErrorThreshold'}にリストされています。

    ポート グループに割り当てる HDL ポートの名前を指定します。

    • 単一ポートの文字列または文字ベクトル

    • 複数のポートの string または文字ベクトルの cell 配列

    バージョン履歴

    R2023a で導入

    すべて展開する