Main Content

MATLAB Function ブロックでの HDL の使用

生成される HDL コードの構造

MATLAB Function ブロックではモデル内に MATLAB® 関数が含まれています。関数の入力と出力はブロック上の端子によって表され、これによってモデルから関数コードへ接続できます。MATLAB Function ブロックの HDL コードを生成すると、HDL Coder™ で 2 つの HDL ファイルが生成されます。

  • MATLAB Function ブロック用に生成された実際のアルゴリズムまたは計算を実装するエンティティとアーキテクチャ コードを含むファイル。

  • MATLAB Function ブロック用に生成されたアルゴリズム コードにブラック ボックス インターフェイスを提供するエンティティ定義と RTL アーキテクチャを含むファイル。

これらのコード ファイルの構造はモデルの構造と同じで、サブシステムはルート モデルと MATLAB Function 内の関数の間にインターフェイスを提供します。

HDL アプリケーション

MATLAB Function ブロックは、次を含む各種 DSP および電気通信アルゴリズムの HDL 実装に適した MATLAB 言語のサブセットをサポートします。

  • シーケンス発生器およびパターン発生器

  • エンコーダーおよびデコーダー

  • インターリーバーおよびデインターリーバー

  • 変調器と復調器

  • マルチパス チャネル モデル、損失モデル

  • タイミング再生アルゴリズム

  • ビタビ アルゴリズム、MLSE (最尤系列推定)

  • 適応イコライザー アルゴリズム

MATLAB Function ブロックはさまざまな浮動小数点アプリケーションでも使用できます。singledouble の両方の型がサポートされます。詳細については、MATLAB Datapath アーキテクチャを使用した、MATLAB Function ブロック境界を越えた HDL 最適化を参照してください。

参考

関連するトピック