Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

HDL ワークフロー アドバイザーでの Speedgoat FPGA のサポート

Simulink® Real-Time™ と HDL Coder™ を使用して、Speedgoat Simulink プログラム可能 I/O モジュールで Simulink アルゴリズムを実装し、I/O 機能を設定します。FPGA I/O モジュールの開発ワークフローを示す例については、Speedgoat Simulink プログラム可能 I/O モジュールでの FPGA プログラミングと構成を参照してください。

HDL ワークフロー アドバイザーを HDL Coder で開き、[Simulink Real-Time FPGA I/O] ワークフローを実行すると、 Simulink Real-Time インターフェイス サブシステムが生成されます。サブシステム マスクはブロック パラメーターを制御します。パラメーターを直接編集しないでください。FPGA I/O ボード ブロックの説明は、情報目的でのみ提供されています。

Speedgoat Simulink プログラム可能 I/O モジュールのサポート

Speedgoat Simulink プログラム可能 I/O モジュールは、Speedgoat ターゲット コンピューター システムの一部です。[Simulink Real-Time FPGA I/O] ワークフローを実行するには、Speedgoat ライブラリおよび Speedgoat HDL Coder Integration Package をインストールします。次に、[ターゲット プラットフォーム] を選択してワークフローを実行し、Simulink Real-Time インターフェイス サブシステムを生成します。統合パッケージのドキュメンテーションを確認するには、次のコマンドを MATLAB® コマンド プロンプトで入力します。

speedgoat.hdlc.doc

参照項目リンクの表示

統合パッケージとそのインストール方法。

Speedgoat - HDL Coder Integration Packages を参照。

HDL ワークフロー アドバイザーでサポートされている Speedgoat I/O モジュール。

Speedgoat Real-Time FPGA Application Support from HDL Coder を参照。

アプリケーションとユース ケース。

Common Use Cases and Applications を参照。

さまざまな種類の I/O 接続とプロトコルのサポートされているインターフェイスと、PCIe 読み取り/書き込みと DMA などの基本的な機能。

Supported Interfaces を参照。

サポートされている I/O モジュールと機能すべての提供されている例。

Speedgoat I/O Examples を参照。

FPGA ワークフローの準備

Simulink Real-Time 環境で FPGA を使用するには、以下をインストールします。

HDL Coder でワークフローを使用して、FPGA ターゲット デバイスの HDL コードを生成できます。

関連する例

詳細

外部の Web サイト