最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

シミュレーション データ インスペクターによるプロット作成の有効化

シミュレーション データ インスペクターを使用して、関数 fiaccel によって記録された浮動小数点と固定小数点の入力データと出力データを比較検査できます。MATLAB® コマンド ラインにおいて:

  1. 固定小数点の構成オブジェクトを作成し、テスト ファイル名を設定します。

    fixptcfg = coder.config('fixpt');
    fixptcfg.TestBenchName = 'dti_test';
    

  2. テスト ファイルを実行し、生成された固定小数点の MATLAB コードを検証します。比較プロット用に入力データと出力データを記録し、その結果をシミュレーション データ インスペクターでプロットすることを選択します。

    fixptcfg.TestNumerics = true;
    fixptcfg.LogIOForComparisonPlotting = true;
    fixptcfg.PlotWithSimulationDataInspector = true;
  3. fiaccel を使用して、固定小数点の MATLAB コードを生成します。

    fiaccel -float2fixed fixptcfg dti

例については、派生範囲に基づくデータ型の推奨を参照してください。

関連するトピック