最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

isfimathlocal

fi オブジェクトにローカル fimath があるかどうかを判別

説明

tf = isfimathlocal(a)fi オブジェクト a にローカル fimath オブジェクトがある場合に 1 (true) を返します。それ以外の場合は 0 (false) を返します。

すべて折りたたむ

fi オブジェクトを作成し、それにローカル fimath があるかどうかを判別します。

F = fimath;
a = fi(pi);
b = fi(pi,F);

tf_a = isfimathlocal(a)
tf_a = logical
   0

tf_b = isfimathlocal(b)
tf_b = logical
   1

入力引数

すべて折りたたむ

入力配列。

データ型: fi

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2009b で導入