最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Complex Burst QR Decomposition

複素数値の行列の QR 分解

説明

Complex Burst QR Decomposition ブロックは QR 分解を使用して R と C = Q'B を計算します。ここで QR = A、A および B は複素数値の行列です。Ax = B の最小二乗解は、x = R\C です。R は上三角行列、Q 直交行列です。C = Q' を計算するには、B を単位行列に設定します。

作成

model = fixed.getQRFactorizationModel(A, B) は、QR Decomposition ブロックとデータ入力行列 (AB) が含まれる model という名前のモデルを生成します。

端子

入力

すべて展開する

行列 A の行。ここで A は m, n ≥ 2m-by-n 行列です。B が single または double の場合、A は B と同じデータ型でなければなりません。A が固定小数点の場合、A は符号付きで、2 進小数点スケーリングを使用し、B と同じ語長をもたなければなりません。勾配とバイアス表現は固定小数点データ型ではサポートされていません。

データ型: single | double | fixed point
複素数のサポート: あり

行列 B の行。ここで B は m ≥ 2m-by-p 行列です。A が single または double の場合、B は A と同じデータ型でなければなりません。B が固定小数点の場合、B は符号付きで、2 進小数点スケーリングを使用し、A と同じ語長をもたなければなりません。勾配とバイアス表現は固定小数点データ型ではサポートされていません。

データ型: single | double | fixed point
複素数のサポート: あり

有効な入力を示します。Boolean スカラーとして指定します。A(i,:) 入力端子と B(i,:) 入力端子からのデータが有効であるタイミングを示す制御信号です。この値が 1 (true) であり、ready, readyreadyreadyが 1 (true) の場合、ブロックは A(i,:) 入力端子と B(i,:) 入力端子の値を取得します。この値が 0 (false) の場合、ブロックは入力サンプルを無視します。

データ型: Boolean

内部状態をオフにします。Boolean スカラーとして指定します。この値が 1 (true) の場合、ブロックは現在の計算を停止し、すべての内部状態をオフにします。この値が 0 (false) であり validIn の値が 1 (true) の場合、ブロックは新しいサブフレームを開始します。

データ型: Boolean

出力

すべて展開する

サイズを抑えた QR 分解行列 R の行。R は上三角行列です。R のデータ型は A と同じです。

データ型: single | double | fixed point

サイズを抑えた QR 分解行列 C=Q'B の行。C の行数は R と同じです。C のデータ型は B と同じです。

データ型: single | double | fixed point

出力端子 R(i,:)C(i,:) のデータが有効であるタイミングを示す制御信号。この値が 1 (true) の場合、ブロックは R 行列と C 行列を正常に計算しています。この値が 0 (false) の場合、出力データは有効ではありません。

データ型: Boolean

新しい入力データに対するブロックの準備が整ったタイミングを示す制御信号。この値が 1 (true) であり validIn が 1 (true) の場合、ブロックは入力データを次のタイム ステップで受け入れます。この値が 0 (false) の場合、ブロックは入力データを次のタイム ステップで無視します。

データ型: Boolean

パラメーター

すべて展開する

行列 A および B の行数。正の整数値スカラーとして指定します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: m
型: 文字ベクトル
値: 整数値スカラー
既定の設定: '4'

入力行列 A の列数。正の整数値スカラーとして指定します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: n
型: 文字ベクトル
値: 整数値スカラー
既定の設定: '4'

入力行列 B の列数。正の整数値スカラーとして指定します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: p
型: 文字ベクトル
値: 整数値スカラー
既定の設定: '1'

R2019b で導入