Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

データ型の変換とキャスト

データ型を別のデータ型に変換する

データ型の変換とキャストとは、データ型を別のデータ型に変更することです。Fixed-Point Designer™ では、数値精度要件やターゲット ハードウェア制約を満たすデータ型を作成し、最適化を実現します。

トピック

パラメーターと信号の変換

Simulink® シミュレーションのパラメーターと信号のデータ型の変換。

変換と算術演算

Simulink でデータ型が変換されて入力とパラメーターに算術演算が実行される方法を示す例。

固定小数点演算

加算、減算、乗算、キャスト、モジュロおよび 2 の補数演算。

double から固定小数点へのキャスト

モデル fxpdemo_dbl2fix に基づく例を使用した、Fixed-Point Designer ソフトウェアのさまざまな主要機能の紹介。

端子のデータ型の表示

固定小数点信号の端子の表示は、データ型、ビット数、およびスケーリングの 3 つの部分で構成されます。

fi オブジェクトと C 整数データ型

ANSI C 整数データ型の範囲、変換、例外処理を fi オブジェクトと比較します。

fi オブジェクトのキャスト

fi オブジェクトのキャストに関する情報。

注目の例