最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

端子のデータ型の表示

モデル内の端子のデータ型を表示するには以下の手順に従います。

  1. Simulink®[デバッグ] タブで、[情報のオーバーレイ][基本データ型] を選択します。

固定小数点信号の端子の表示は 3 つの部分で構成されています。これらは、データ型、ビット数、およびスケーリングです。これらの 3 つの部分は、ブロックの [出力データ型] パラメーター、あるいは駆動ブロックまたは逆伝播によって継承されるデータ型とスケーリングを反映しています。

次のモデルはその端子のデータ型を表示します。

モデル内で、In1 ブロックで表示されるデータ型は、出力データ型名が sfix16_Sp2_B10 であることを示しています。これは、勾配 0.2 とバイアス 10.0 をもつ符号付き 16 ビット固定小数点数である fixdt(1, 16, 0.2, 10) に対応しています。In2 ブロックで表示されるデータ型は、出力データ型名が sfix16_En6 であることを示しています。これは、6 の小数部の長さをもつ符号付き 16 ビット固定小数点数である fixdt(1, 16, 6) に対応しています。

関連するトピック