Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

固定小数点から固定小数点への継承変換

この例では、FixPt To FixPt Inherited ブロックの使用方法を示します。Simulink® はデータ型をブロック線図全体に伝播するため、固定小数点ユーティリティのモデル化を複数の使用シナリオ向けにテンプレート化できます。このデータ型継承機能には、さまざまな関係型指定の使用を通して追加情報が与えられます。FixPt To FixPt Inherited ブロックを使用して、関心のある信号まで結線すると、「この信号の固定小数点データ型はその信号と同じでなければならない」ことを指定できます。