Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

double から固定小数点への変換

このモデルでは、組み込みデータ型と固定小数点データ型との間で信号を変換する方法と、表現可能な精度と範囲に対して固定小数点データ型が及ぼす影響を示します。このモデルでの固定小数点データ型は fixdt(1,5,2) です。これは、2 進小数点の右側に 2 個のビットがある、符号付き 5 ビット数値です。

  Precision = (2^-2) = 0.25
  Representable minimum = -(2^-2)*(2^4)   = -4
  Representable maximum =  (2^-2)*(2^4-1) = 3.75

データ型変換ブロック Dbl-to-FixPt を開いて、固定小数点データ型の属性を変更し、結果の固定小数点信号の範囲と精度に対して固定小数点データ型がどのように影響するのかを確認します。

固定小数点データ型を指定するためのヒント:

  • [>>] ボタンをクリックして、データ型アシスタントを開きます。

  • 出力の最大値/最小値を指定し、これらの値を "最高精度のスケーリング" の計算に使用することができます。このスケーリングは、指定範囲をカバーしながら精度を最大にします。

  • fixdt の構文に慣れれば、データ型アシスタントを使用することなく、式をデータ型パラメーターに直接入力できるようになります。