Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

coder.descriptor.NonEvenSpacingMetadata クラス

パッケージ: coder.descriptor
スーパークラス: coder.descriptor.FixAxisMetadata

等間隔でないブレークポイント セットのデータに関する情報を返す

説明

coder.descriptor.NonEvenSpacingMetadata オブジェクトは等間隔でないブレークポイント セットのデータにおける点を記述します。

作成

params = getDataInterfaces(codeDescObj, dataInterfaceName) は、ルックアップ テーブルの次元ごとに coder.descriptor.BreakpointDataInterface オブジェクトを作成します。codeDescObj オブジェクトは、関数 getCodeDescriptor を使用することで、モデル用に作成された coder.codedescriptor.CodeDescriptor オブジェクトです。

coder.descriptor.BreakpointDataInterface オブジェクトには coder.descriptor.FixAxisMetadata オブジェクトが含まれるプロパティ FixAxisMetadata があります。ブレークポイント セットのデータが等間隔でない場合、coder.descriptor.FixAxisMetadata にはさらに coder.descriptor.NonEvenSpacingMetadata オブジェクトが含まれます。

入力引数

すべて展開する

Parameters データ インターフェイスの種類を指定します。

例: Parameters

プロパティ

すべて展開する

等間隔でないブレークポイント セットのデータ内のすべての値。

すべて折りたたむ

モデル codeDescDemo または類似する仕様をもつモデルを作成することを検討します。

Model that contains a n-D Lookup Table connected between an Inport and an Outport.

モデルには n-D Lookup Table が含まれます。n-D lookup Table ブロックは、[4 5 6] の値をもつ tableData という名前のモデル ワークスペース変数からテーブル データを取得します。tableDataAuto 以外のストレージ クラスをもつ Simulink.Parameter オブジェクトです。ブレークポイント セットのデータは [1 5 10] として指定されます。

n-D Loop Table Block Parameters dialog box that shows tableData variable specified as Table data and Breakpoint data set as 1, 5, and 10.

モデル コンフィギュレーション パラメーター [既定のパラメーター動作][インライン] に設定されています。

  1. モデルをビルドし、そのモデルの coder.codedescriptor.CodeDescriptor オブジェクトを作成します。

    codeDescObj = coder.getCodeDescriptor('codeDescDemo')

  2. 生成されたコード内で Lookup Table ブロックとブレークポイント セットのプロパティを取得します。

    params = getDataInterfaces(codeDescObj, 'Parameters')
    変数 params は、coder.descriptor.LookupTableDataInterface オブジェクトと coder.descriptor.BreakpointDataInterface オブジェクトの配列です。
      LookupTableDataInterface with properties:
                           Type: [1×1 coder.descriptor.types.Type]
                            SID: 'demoModel:22'
                  GraphicalName: 'tableData'
                    VariantInfo: [1×0 coder.descriptor.VariantInfo]
                 Implementation: [1×1 coder.descriptor.DataImplementation]
                         Timing: [1×0 coder.descriptor.TimingInterface]
                           Unit: ''
                          Range: [1×1 coder.descriptor.Range]
             SupportTunableSize: 0
        BreakpointSpecification: 'Even spacing'
                         Output: [1×1 coder.descriptor.DataInterface]
                    Breakpoints: [1×1 coder.descriptor.BreakpointDataInterface Sequence]

  3. coder.descriptor.LookupTableDataInterface オブジェクトの Breakpoints プロパティは、coder.descriptor.BreakpointDataInterface オブジェクトのベクトルを保持します。配列の最初の位置にアクセスして、Lookup Table ブロックに接続されたブレークポイント セットの詳細を取得します。

    params.Breakpoints(1)
      BreakpointDataInterface with properties:
                      Type: [1×1 coder.descriptor.types.Type]
                       SID: 'demoModel:22'
             GraphicalName: 'n-D Lookup↵Table'
               VariantInfo: [1×0 coder.descriptor.VariantInfo]
            Implementation: [1×0 coder.descriptor.DataImplementation]
                    Timing: [1×0 coder.descriptor.TimingInterface]
                      Unit: ''
                     Range: [1×1 coder.descriptor.Range]
            OperatingPoint: [1×1 coder.descriptor.DataInterface]
        SupportTunableSize: 0
           FixAxisMetadata: [1×1 coder.descriptor.FixAxisMetadata]

  4. 新しい coder.descriptor.FixAxisMetadata オブジェクトは、ブレークポイント セットのデータが等間隔であるか否かに関する詳細を提供します。

    params.Breakpoints(1).FixAxisMetadata
    この情報は以下のプロパティをもつ新しい coder.descriptor.NonEvenSpacingMetadata オブジェクトとして返されます。
      NonEvenSpacingMetadata with properties:
        AllPoints: [1×3 Real Sequence]

バージョン履歴

R2020b で導入