Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

getAllDataInterfaceTypes

クラス: coder.codedescriptor.CodeDescriptor
パッケージ: coder.codedescriptor

データ インターフェイスの種類を返す

構文

allDataInterfaceTypes = getAllDataInterfaceTypes(codeDescObj)

説明

allDataInterfaceTypes = getAllDataInterfaceTypes(codeDescObj) は、データ インターフェイスの種類のリストを返します。このリストはモデル固有ではありません。

入力引数

すべて展開する

生成されたコードに関する情報を取得する coder.codedescriptor.CodeDescriptor オブジェクト。

出力引数

すべて展開する

利用可能なデータ インターフェイスの種類のリスト。

ビルドされる必要なモデルの coder.codedescriptor.CodeDescriptor オブジェクトを作成して、利用可能なデータ インターフェイスの種類をリストします。

  1. モデルを作成します。

    slbuild('rtwdemo_comments')

  2. 必要なモデルの coder.codedescriptor.CodeDescriptor オブジェクトを作成します。

    codeDescObj = coder.getCodeDescriptor('rtwdemo_comments')
    

  3. 利用可能なデータ インターフェイスの種類のリストを返します。

    allDataInterfaceTypes = getAllDataInterfaceTypes(codeDescObj)

    allDataInterfaceTypes の値は次のとおりです。

        {'Inports'              }
        {'Outports'             }
        {'Parameters'           }
        {'GlobalDataStores'     }
        {'SharedLocalDataStores'}
        {'ExternalParameterObjects'     }
        {'ModelParameters'      }
        {'InternalData'         }
    モデルには、ExternalParameterObjects および/または LocalParameters があります。データ インターフェイス タイプ Parameters は、パラメーターの両方の種類の統合リストから構成されます。

R2018a で導入