Main Content

パフォーマンス

メモリ要件の最小化と生成コードの実行の高速化

量産コードを生成する準備が整ったら、コンフィギュレーション オプションと高度な最適化を使用してパフォーマンスを向上させます。これらのオプションは RAM と ROM の消費を抑え、コード実行を高速化します。効率性の一部を犠牲にしてより防御的なコードにする場合は、これらのオプションの 1 つ以上を無効にできます。

コード実行プロファイリングを使用して、以下を行います。

  • 生成されたコードがターゲット ハードウェアのリアルタイム要件を満たしているかどうかを決定する。

  • パフォーマンスの改善が必要なコード セクションを決定する。

ソフトウェアインザループ (SIL) シミュレーションとプロセッサインザループ (PIL) シミュレーションを構成して、生成されたコードの実行時間プロファイルを生成できます。

コード生成アドバイザー内の 1 つ以上の目的に対してモデルの現在のコンフィギュレーションを実行できます。コード生成アドバイザーは、選択した目的と優先順位に基づいて、モデルのコンフィギュレーション設定に加えられる変更を提案します。

注目の例