最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Sample and Hold

入力信号のサンプルとホールド

  • ライブラリ:
  • DSP System Toolbox / 信号処理

    DSP System Toolbox HDL Support / 信号処理

説明

Sample and Hold ブロックは、トリガー端子 ( でマーク) でトリガー イベントを受信するたびに、信号端子で入力を取得します。その後、ブロックは次のトリガー イベントが発生するまで、取得した入力値で出力を保持します。

端子

入力

すべて展開する

信号端子は、スカラー、ベクトルまたは行列形式のデータを受け入れることができます。

依存関係

[ラッチ (バッファー) 入力] パラメーターを選択した場合、この端子の名前は [In<Lo>] になります。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | boolean | fixed point

トリガー入力は、信号端子での入力フレーム レートと等しいサンプルレートをもつ、サンプルベースのスカラーでなければなりません。[トリガー タイプ] パラメーターを使用してトリガー イベントを指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | boolean | fixed point

Output

すべて展開する

サンプリングとホールドの出力。スカラー、ベクトルまたは行列として返されます。このブロックは、トリガー端子でトリガー イベントを受信するたびに、信号端子で入力を取得します。その後、このブロックは、次のトリガー イベントが発生するまで、取得したデータを保持します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | boolean | fixed point

パラメーター

すべて展開する

入力信号を取得するためにブロックをトリガーするイベントのタイプです。

  • 立ち上がりエッジ –– 負の値またはゼロから正の値に立ち上がるトリガー入力。

  • 立ち下がりエッジ –– 正の値またはゼロから負の値に立ち下がるトリガー入力。

  • 両エッジ –– 負の値またはゼロから正の値に立ち上がるトリガー入力、あるいは正の値またはゼロから負の値に立ち下がるトリガー入力。

[初期条件] パラメーターを使用して、最初のトリガー イベントより前のブロックの出力を指定します。取得した入力が M 行 N 列の行列である場合、[初期条件] は M 行 N 列の行列、または行列の全要素に対して繰り返されるスカラーにすることができます。入力が方向性をもたない長さ M のベクトルである場合、[初期条件] は長さ M の行または列ベクトル、あるいはベクトルの全要素に対して繰り返されるスカラーにすることができます。

[Latch (buffer) input] チェック ボックスをオンにすると、ブロックは次のトリガー イベントが発生するまで前のタイム ステップからの入力値を出力します。このブロックをループで使用するには、このチェック ボックスをオンにします。

ブロックの特性

データ型

boolean | double | fixed point | 整数 | single

直接フィードスルー

no

多次元信号

no

可変サイズの信号

no

ゼロクロッシング検出

no

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

固定小数点の変換
Fixed-Point Designer™ を使用して固定小数点システムの設計とシミュレーションを行います。

参考

ブロック

R2006a より前に導入