Main Content

Pseudoinverse

Moore-Penrose 疑似逆行列の計算

ライブラリ

Math Functions / Matrices and Linear Algebra / Matrix Inverses

dspinverses

  • Pseudoinverse block

説明

Pseudoinverse ブロックは、入力行列 A の Moore-Penrose 疑似逆行列を計算します。

[U,S,V] = svd(A,0)							% Equivalent MATLAB code

次のように、A の疑似逆行列は行列 A となります。

A=VSU

ここで、U と V は直交行列、S は対角行列です。疑似逆行列は次のプロパティをもちます。

  • AA=(AA)

  • AA=(AA)

  • AAA=A

  • AAA=A

パラメーター

エラー ステータス端子 (E) を表示

収束の失敗をレポートする E 出力端子を有効にする場合に選択します。この端子では、次の値を取得できます。

  • 0 — 疑似逆行列の計算が収束します。

  • 1 — 疑似逆行列の計算が収束しません。

疑似逆行列の計算が収束しなかった場合、端子 x の出力は、正しいサイズの未定義の行列となります。

シミュレーション実行方法

実行するシミュレーションのタイプ。このパラメーターは以下のように設定できます。

  • インタープリター型実行 (既定)

    MATLAB® インタープリターを使用してモデルをシミュレートします。このオプションで起動時間が短くなります。このブロックの場合、このモードのシミュレーション速度は [コード生成] のシミュレーション速度よりも速くなります。

  • コード生成

    生成された C コードを使用してモデルをシミュレートします。シミュレーションの初回実行時、Simulink® は対象ブロックの C コードを生成します。この C コードは、モデルが変更されない限り以降のシミュレーションで再利用されます。このオプションを使用すると、起動時間は長くなりますが、後続のシミュレーションでのシミュレーション速度が速くなります。

参考文献

Golub, G. H., and C. F. Van Loan. Matrix Computations. 3rd ed. Baltimore, MD: Cambridge University Press, 1996.

サポートされているデータ型

端子サポートされているデータ型

A

  • 倍精度浮動小数点

  • 単精度浮動小数点

X

  • 倍精度浮動小数点

  • 単精度浮動小数点

E

  • boolean

参考

Cholesky InverseDSP System Toolbox
LDL InverseDSP System Toolbox
LU InverseDSP System Toolbox
Singular Value DecompositionDSP System Toolbox
invMATLAB

関連情報については、Matrix Inversesを参照してください。

拡張機能

バージョン履歴

R2006a より前に導入