最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

固定小数点設計

浮動小数点から固定小数点への変換、固定小数点アルゴリズムの設計。

固定小数点信号処理アルゴリズムをモデル化してシステム動作とパフォーマンスに対する量子化の効果を解析するには、DSP System Toolbox™ および Fixed-Point Designer™ の機能を使用できます。固定小数点演算をサポートする DSP System Toolbox の System object とブロックの一覧については、System Objects in DSP System Toolbox that Support Fixed-PointおよびSimulink Blocks in DSP System Toolbox that Support Fixed-Pointを参照してください。

ハードウェアにコミットする前に、語長、スケーリング、オーバーフロー処理および丸め手法をさまざまに選択してシミュレーションを行うことにより、これらのアルゴリズムに対して設計トレードオフの解析と最適化を実行します。固定小数点アルゴリズムを最適化する方法を説明する例については、最適化された固定小数点 FIR フィルターを参照してください。Fixed-Point Designer を使用して、浮動小数点フィルターを設計してから固定小数点フィルターに変換することができます。たとえば、Convert dsp.FIRFilter Object to Fixed-Point Using the Fixed-Point Converter Appを参照してください。この設計ワークフローを使って固定小数点フィルターを最適化して量子化効果を解析することができます。

注目の例