Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

線形システム アナライザーのカスタマイズ

線形システム アナライザーのカスタマイズの概要

線形システム アナライザーにはツール設定エディターがあり、これを使用すると、線形システム アナライザーの特定のインスタンスに既定の特性を設定できます。新しいインスタンスを開くと、既定ではそれぞれツールボックス基本設定で指定された特性が表示されます。

線形システム アナライザー基本設定エディター

[編集][線形システム アナライザー基本設定] を選択して、設定エディターを開きます。

線形システム アナライザー基本設定エディターには 4 つのペインがあります。

  • 単位 — ラジアン/秒、ヘルツなどの、さまざまな単位間で変換を行います。

  • スタイル — グリッド、フォント、色をカスタマイズします。

  • 特性 — 整定時間許容誤差など、応答プロットの特性を指定します。

  • パラメーター — 時間範囲、周波数範囲、終了時間、およびタイム ステップ サイズを設定します。

線形システム アナライザーのインスタンスにおける、これらのペインにあるオプションの使用の詳細については、線形システム アナライザー基本設定エディターを参照してください。

線形システム アナライザーのすべてのインスタンスの設定をカスタマイズする場合は、ツールボックス基本設定を参照してください。

参考

関連するトピック