Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

strseq

インデックス化された文字ベクトルの並びの作成

構文

txtarray = strseq(TXT,INDICES)

説明

txtarray = strseq(TXT,INDICES) は、整数値 INDICES を文字ベクトル TXT の末尾に追加して、cell 配列 txtarray にインデックス化された文字ベクトルの並びを作成します。

メモ

システムの相互接続を支援するために関数 strvec を使用することができます。例は、関数 sumblk のリファレンス ページを参照してください。

すべて折りたたむ

テキスト 'e' を数値 1、2 および 4 でインデックス化します。

txtarray = strseq('e',[1 2 4])
txtarray = 3x1 cell
    {'e1'}
    {'e2'}
    {'e4'}

参考

|

R2008b で導入