Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

nicholsoptions

ニコルス線図オプションの一覧を作成

構文

P = nicholsoptions
P = nicholsoptions('cstprefs')

説明

P = nicholsoptionsは、既定の値を設定したときにニコルス線図で使用可能なオプションの一覧を返します。これらのオプションを使用して、コマンド ラインからニコルス線図の外観をカスタマイズすることができます。

P = nicholsoptions('cstprefs') は、Control System Toolbox™ 基本設定で選択したオプションでプロット オプションを初期化します。エディターの詳細については、ツールボックス基本設定を参照してください。

ニコルス線図オプションを次の表にまとめます。

オプション説明
TitleXLabelYLabelテキストとスタイルのラベル
TickLabel目盛りラベルのスタイル
Grid グリッドの表示と非表示
次のいずれかとして指定。'off' | 'on'
既定: 'off'
GridColorグリッド ラインの色
次のいずれかとして指定します。範囲 [0,1] の RGB 値のベクトル | 'k' または 'r' などの色の省略表現 |'none'
既定: [0.15,0.15,0.15]
XlimModeYlimMode 範囲制限のモード
XlimYlim座標軸の範囲
IOGrouping 入出力ペアのグループ化
次のいずれかとして指定。'none' |'inputs'|'outputs'|'all'
既定: 'none'
InputLabelsOutputLabels 入力と出力のラベルのスタイル
InputVisibleOutputVisible入力と出力のチャネルの可視化
FreqUnits

周波数単位。以下のいずれかとして指定。

  • 'Hz'

  • 'rad/second'

  • 'rpm'

  • 'kHz'

  • 'MHz'

  • 'GHz'

  • 'rad/nanosecond'

  • 'rad/microsecond'

  • 'rad/millisecond'

  • 'rad/minute'

  • 'rad/hour'

  • 'rad/day'

  • 'rad/week'

  • 'rad/month'

  • 'rad/year'

  • 'cycles/nanosecond'

  • 'cycles/microsecond'

  • 'cycles/millisecond'

  • 'cycles/hour'

  • 'cycles/day'

  • 'cycles/week'

  • 'cycles/month'

  • 'cycles/year'

MagLowerLimModeゲインの下限指定を有効化
次のいずれかとして指定。'auto' | 'manual'
既定: 'auto'
MagLowerLimゲインの下限を指定
PhaseUnits 位相単位
次のいずれかとして指定。'deg' | 'rad'
既定: 'deg'
PhaseWrapping 位相のラッピングを有効化
次のいずれかとして指定。'on' | 'off'
既定: 'off'
PhaseWrappingBranchPhaseWrapping'on' に設定された場合に、プロットによって累積位相がラップされる位相値。
既定: –180 (位相は [–180º,180º) の範囲にラップ)
PhaseMatching位相の一致を有効化
次のいずれかとして指定。'on' | 'off'
既定: 'off'
PhaseMatchingFreq一致する位相に対する周波数
PhaseMatchingValue近い位相応答を作成するための値

すべて折りたたむ

オプション セットを作成し、位相単位およびグリッド オプションを設定します。

P = nicholsoptions; 
P.PhaseUnits = 'rad';
P.Grid = 'on';

そのオプション セットを使用して、ニコルス線図を生成します。プロットの位相単位やグリッドではありません。

h = nicholsplot(tf(1,[1,.2,1,0]),P);

Figure contains an axes. The axes contains an object of type line. This object represents untitled1.

R2008a で導入