最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Discrete Varying State Space

行列値が可変の離散時間状態空間モデル

  • ライブラリ:
  • Control System Toolbox / Linear Parameter Varying

説明

このブロックを使用して、行列が可変の離散時間状態空間モデルを実装します。状態行列 A、入力行列 B、出力行列 C、およびフィードフォワード行列 D の瞬時値を、対応する入力端子に送ります。システム応答は次のように与えられます。

xk+1=Axk+Bukyk=Cxk+Duk,

ここで uk はシステム入力、yk はシステム出力、xk は現在のシステム状態、xk+1 は次のタイム ステップにおけるシステム状態です。

このブロックおよび Linear Parameter Varying ライブラリの他のブロックを使用して、可変のパラメーターまたは係数をもつ共通の制御要素を実装します。詳細については、Simulink でのゲイン スケジュール制御システムのモデル化を参照してください。

端子

入力

すべて展開する

システム入力信号。

次元が Nx-by-Nx の状態行列。Nx はシステムの状態数です。

次元が Nx-by-Nu の入力行列。Nu はシステムの入力数です。

次元が Ny-by-Nx の出力行列。Ny はシステムの出力数です。

次元が Ny-by-Nu. のフィードフォワード行列

出力

すべて展開する

システム出力信号。

現在の状態値。

依存関係

この端子を有効にするには、[状態の出力] パラメーターを選択します。

次のタイム ステップの状態値。

依存関係

この端子を有効にするには、[Output state updates] パラメーターを選択します。

パラメーター

すべて展開する

初期状態値。システムの状態数と同じ長さのスカラーまたはベクトルとして指定します。

ブロックのサンプル時間。–1 (継承されたサンプル時間) または正のスカラー値として指定します。

選択すると、状態値の出力端子 [x] が有効になります。

選択すると、状態更新の出力端子 [xk+1] が有効になります。

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2017b で導入