最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Control System Toolbox 入門

制御システムの設計と解析

Control System Toolbox™ には、線形制御システムの体系的な解析、設計、調整を行うためのアルゴリズムとアプリが用意されています。対象システムを、伝達関数、状態空間、零点-極-ゲイン、または周波数応答のモデルとして指定できます。ステップ応答プロットやボード線図などのアプリと関数によって、時間領域や周波数領域におけるシステムの動作を解析および可視化できます。

ボード ループ整形および根軌跡法などの対話型の手法を使用して、補償器のパラメーターを調整できます。このツールボックスによって、PID コントローラーを含む SISO 補償器と MIMO 補償器の両方が自動的に調整されます。補償器にはいくつかのフィードバック ループにわたる複数の調整可能なブロックが含まれます。ゲイン スケジュール コントローラーを調整したり、設定値追従、外乱の抑制および安定余裕などの複数の調整目的を指定できます。立ち上がり時間、オーバーシュート、整定時間、位相余裕などの他の要件によって設計を検証できます。

チュートリアル

制御設計について

  • モデル オブジェクトでの制御システム モデリング

    モデル オブジェクトは、プラント、アクチュエータ、センサー、コントローラーなどのコンポーネントを表現することができます。モデル オブジェクトを接続して、複数要素の応答の組み合わせを表現する統合モデルを作成します。