Main Content

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

Simulink の QPSK 変調信号の線形イコライズ

最小平均二乗 (LMS) アルゴリズムを使用した線形イコライズを適用して、AWGN チャネル経由で渡した QPSK シンボルを復元します。

slex_lineq_qpsk_signal モデルは Random Integer Generator ブロックを使用して M=4 シーケンスを生成します。シーケンスは、M-PSK Modulator Baseband ブロックで変調され、Discrete FIR Filter ブロックでフィルター処理されて、AWGN ブロックで劣化します。Linear Equalizer ブロックはデータ シーケンスをイコライズし、データは M-PSK Demodulator Baseband ブロックで復調されて、ビット誤り率が計算されます。変調器からの信号パスは、Selector ブロックに分割されます。これにより、変調信号の最初の 1000 シンボルが初期トレーニング シーケンスとしてイコライザーに提供されます。

最大タップ値が Discrete FIR Filter の最初のタップであり、イコライザー リファレンス タップが 1 であるため、送信信号と受信信号間での遅延は発生しません。イコライザーは 1000 シンボルあたりから収束します。そのため、この値は Error Rate Calculation ブロックの計算遅延に使用されます。

計算された誤り率が表示され、プロットにはイコライズされたコンスタレーション、イコライズされたタップ重み、および信号エラーの大きさが表示されます。

Computed error rate = 0.0024444