Main Content

ssbmod

単側波帯搬送波抑圧振幅変調

説明

Y = ssbmod(X,Fc,Fs) は、メッセージ信号 X を使用して、下側波帯を目的の側波帯とする単側波帯振幅変調により周波数 Fc (Hz) の搬送波信号を変調します。生成された出力 Y は、搬送波が抑圧された単側波帯信号です。搬送波信号と X は、サンプル周波数 Fs (Hz) をもちます。変調信号は初期位相 0 です。

Y = ssbmod(X,Fc,Fs,ini_phase) は、変調信号の初期位相をラジアン単位で指定します。

Y = ssbmod(X,Fc,Fs,ini_phase,'upper') は上側波帯を目的の側波帯として使用します。

すべて折りたたむ

サンプル レートを 100 Hz に設定します。100 秒の長さの時間ベクトルを作成します。

fs = 100;
t = (0:1/fs:100)';

搬送波周波数を 10 Hz に設定します。正弦波信号を作成します。

fc = 10; 
x = sin(2*pi*t);

単側波帯 AM と両側波帯 AM を使用して x を変調します。

doubleY = ammod(x,fc,fs);
singleY = ssbmod(x,fc,fs);

スペクトル アナライザー オブジェクトを作成して、信号のスペクトルをプロットします。

sadsb = spectrumAnalyzer( ...
    SampleRate=fs, ...
    PlotAsTwoSidedSpectrum=false, ...
    YLimits=[-60 30]);
sadsb(doubleY,singleY)

入力引数

すべて折りたたむ

メッセージ信号。実数行列として指定します。X に複数の列が含まれている場合、この関数は各列を独立チャネルとして扱います。

データ型: single | double

搬送波周波数 (Hz 単位)。正の実数スカラーとして指定します。

サンプル周波数 (Hz 単位)。正の実数スカラーとして指定します。

変調信号の初期位相。実数スカラーとして指定します。ini_phase の単位はラジアンです。

出力引数

すべて折りたたむ

変調した信号。実数行列として返されます。

データ型: single | double

バージョン履歴

R2006a より前に導入