Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Sphere Decoder

球面復号化器を使用した入力の復号化

ライブラリ

MIMO

  • Sphere Decoder block

説明

このブロックは、Nt 本のアンテナにわたって送信されたシンボルを、球面復号化アルゴリズムで復号化します。

データ型

各ブロックの端子でサポートされるデータ型については、このページのサポートされているデータ型の表を参照してください。出力信号は、入力からデータ型を継承します。

アルゴリズム

このオブジェクトは、comm.SphereDecoder System object™ ブロックのリファレンス ページで説明されているアルゴリズム、入力、および出力を実装しています。オブジェクト プロパティはブロック パラメーターに対応します。

パラメーター

Signal constellation

ビットのマップ先のコンスタレーションのポイント数を指定します。この値は複素数列ベクトルでなければなりません。ベクトルの長さは 2 のべき乗でなければなりません。ブロックは、各送信アンテナに同じコンスタレーションを使用します。既定の設定は、平均電力が 1 の QPSK コンスタレーションです。

Bit mapping per constellation point

ブロックにより各コンスタレーション点に使用されるビット マッピングを指定します。この値は数値行列でなければなりません。行列サイズは、[ConstellationLength bitsPerSymbol] で、ConstellationLength は [Signal constellation] パラメーター値の長さを表し、bitsPerSymbol は各シンボルにより符号化されるビット数を表します。既定の行列サイズは [0 0; 0 1; 1 0; 1 1] です。これは、[Signal constellation] プロパティの既定値と一致します。

Initial search radius

復号化アルゴリズムの初期探索半径を [Infinity] または [ZF solution] のいずれかに指定します。

[Infinity] を選択すると、初期探索半径が Inf に設定されます。[ZF solution] を選択すると、初期探索半径がゼロフォーシング解に設定されます。ゼロフォーシング解は復号化時に入力チャネルの疑似逆により計算されます。コンスタレーションのサイズが大きい場合やアンテナの数が多い場合は、初期探索半径が小さくなるという利点が得られる可能性があります。しかしほとんどの場合、ZF Solution が行う追加演算にメリットはありません。

Decision method

復号化判定方法を [Soft] または [Hard] として指定します。[Soft] を選択した場合、対数尤度比 (LLR)、つまり軟ビットが出力されます。[Hard] を選択した場合、軟 LLR がビットに変換されます。硬判定出力の論理配列は、負の LLR = 0、その他すべての値 = 1 のマッピングに従います。

シミュレーション実行方法

ブロックをシミュレートするのに [コード生成] または [インタープリター型実行] のどちらを使用するかを指定します。既定の設定は [インタープリター型実行] です。

サポートされているデータ型

端子サポートされているデータ型
Rx
  • 倍精度浮動小数点

cEst
  • 倍精度浮動小数点

出力
  • 倍精度浮動小数点

  • Boolean (硬判定メソッド)

制限

  • 出力された LLR 値はノイズ分散によってスケーリングされません。反復符号化 (LDPC またはターボ) を使用する符号化されたリンクまたはビタビ復号化を使用する MIMO OFDM の場合、出力される LLR 値をチャネル状態情報でスケーリングすると、パフォーマンスを改善できます。

アルゴリズム

このオブジェクトは、Sphere Decoder System object のリファレンス ページで説明されているアルゴリズム、入力、および出力を実装しています。オブジェクト プロパティはブロック パラメーターに対応します。

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

参考

ブロック

オブジェクト

R2013b で導入