Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

intrlv

シンボルのシーケンスの並べ替え

説明

intrlvd = intrlv(data,elements) は、data の要素を反復または省略なしで再配列します。data が長さが N のベクトルまたは N 行の行列である場合、elements は、1 ~ N の整数を並べ替える長さ N のベクトルです。elements の順番は、data の要素またはその列が intrlvd に表示される順番になります。data が複数の行と列をもつ行列である場合、この関数は列を個別に処理します。

すべて折りたたむ

関数 intrlv を使用して、ベクトルの要素を関数 randperm で決定されたランダム置換に再配置します。

p = randperm(10); % Permutation vector
a = intrlv(10:10:100,p)
a = 1×10

    60    30    70    80    50    10    20    40    90   100

下記のコマンドは、行列の 2 つの列を並べ替えます。

b = intrlv([.1 .2 .3 .4 .5; .2 .4 .6 .8 1]',[2 4 3 5 1])
b = 5×2

    0.2000    0.4000
    0.4000    0.8000
    0.3000    0.6000
    0.5000    1.0000
    0.1000    0.2000

Copyright 2020 The MathWorks, Inc.

関数intrlvを使用して、行列の要素を指定された順序に再配置します。

行列の各行で同じ並べ替えを適用します。

b = intrlv([.1 .2 .3 .4 .5; .2 .4 .6 .8 1]',[2 4 3 5 1])
b = 5×2

    0.2000    0.4000
    0.4000    0.8000
    0.3000    0.6000
    0.5000    1.0000
    0.1000    0.2000

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2006a より前に導入