Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

verticalBathtub

垂直方向のバスタブ曲線

説明

s = verticalBathtub(ed) は、System object™ の verticalBathtub 曲線の情報を含む構造体を返します。

メモ

このメソッドは、これら両方の条件が適用される場合に使用可能です。

  • EnableMeasurements は次のようになります。true

  • ShowBathtub'Vertical' または 'Both'

すべて折りたたむ

デュアルディラックおよびランダム ジッターをもつ波形のアイ ダイアグラムを表示します。水平方向および垂直方向のバスタブ曲線を生成してプロットします。

サンプルレート、シンボルあたりのサンプル数、トレース数のパラメーターを指定します。

fs = 1000;
sps = 200;
numTraces = 1000;

アイ ダイアグラム オブジェクトを作成します。

ed = comm.EyeDiagram('SampleRate',fs,'SamplesPerSymbol',sps, ...
    'SampleOffset',sps/2,'DisplayMode','2D color histogram', ...
    'ColorScale','Logarithmic','EnableMeasurements',true, ...
    'ShowBathtub','Both','YLimits',[-1.2 1.2]);

デュアルディラックおよびランダム ジッターをもつ波形を生成します。立ち上がりおよび立ち下がり時間として 3 ms を指定します。

src = commsrc.pattern('SamplesPerSymbol',sps, ...
    'RiseTime',3e-3,'FallTime', 3e-3);
src.Jitter = commsrc.combinedjitter('RandomJitter','on', ...
    'DiracJitter','on','DiracDelta',[-5e-04 5e-04],'RandomStd',2e-4);

トレースごとに 2 つのシンボルを生成します。

x = src.generate(numTraces*2);

結果が繰り返されるようにする場合は、固定シードを使用して AWGN チャネルを介して信号を渡します。

randStream = RandStream('mt19937ar','Seed',5489);
y = awgn(x,30,'measured',randStream);

アイ ダイアグラムを表示します。

ed(y)

Eye diagram showing horizontal and vertical bathtubs and measurements

アイ ダイアグラムの水平方向のバスタブ データを生成します。曲線をプロットします。

hb = horizontalBathtub(ed)
semilogy([hb.LeftThreshold],[hb.BER],'b', ...
    [hb.RightThreshold],[hb.BER],'b')
grid
hb = 

  1x13 struct array with fields:

    BER
    LeftThreshold
    RightThreshold

Horizontal bathtub data for the eye diagram

アイ ダイアグラムの垂直方向のバスタブ データを生成します。曲線をプロットします。

vb = verticalBathtub(ed)
semilogx([vb.BER],[vb.LowerThreshold],'b', ...
    [vb.BER],[vb.UpperThreshold],'b')
grid
vb = 

  1x13 struct array with fields:

    BER
    UpperThreshold
    LowerThreshold

Vertical bathtub data for the eye diagram

入力引数

すべて折りたたむ

バスタブ曲線の情報を取得するアイ ダイアグラム System object。

出力引数

すべて折りたたむ

垂直方向のバスタブ曲線についての情報が含まれる構造体。

対応する x 軸上の UpperThreshold および LowerThreshold の値に対して verticalBathtub プロットの Y 軸上にマッピングされたビット誤り率の値。スカラーとして指定します。

データ型: double

対応する x 軸上の BER 値に対するプロットで x 軸上にマッピングされた上側のしきい値。

データ型: double

対応する x 軸上の BER 値に対するプロットで x 軸上にマッピングされた下側のしきい値。

データ型: double

バージョン履歴

R2016b で導入