Main Content

オプション: コンポジション ARXML とコンポーネント コードの生成およびパッケージ化 (Embedded Coder が必要)

Simulink® Coder™ および Embedded Coder® ソフトウェアにアクセスできる場合、AUTOSAR アーキテクチャ モデルからコンポジションおよびコンポーネントの AUTOSAR XML (ARXML) ファイルをエクスポートしてコンポーネント コードを生成できます。オプションで、テスト環境や統合環境への再置換などのために、モデルの階層構造のビルド アーティファクトをパッケージ化した ZIP ファイルを作成できます。

  1. このチュートリアルで作成したアーキテクチャ モデルを開くか、モデル例 autosar_tpc_composition を開きます。

  2. オプションで、ARXML エクスポートの準備として、XML オプションの確認と修正を行うことができます。[モデル化] タブで [エクスポート][Configure XML Options] を選択します。エクスポート中、アーキテクチャ モデル レベルで指定された XML オプションが、モデル内の各コンポーネントに継承されます。

  3. スロットル位置制御アプリケーションのコードを生成してパッケージ化するには、[モデル化] タブで [エクスポート]、[Generate Code and ARXML] を選択します。[Export Composition] ダイアログ ボックスで、生成されたファイルをパッケージ化する ZIP ファイルの名前を指定します。エクスポートを開始するには、[OK] をクリックします。

    アーキテクチャ モデルのビルド中、診断ビューアーでビルド ログを閲覧することができます。まず、コンポーネント モデルのそれぞれがスタンドアロンの最上位モデル ビルドとしてビルドされます。最後に、コンポジション ARXML がエクスポートされます。ビルドが完了すると、現在のフォルダーに、アーキテクチャ モデルのビルド フォルダー、階層構造の各コンポーネント モデル、および指定された ZIP ファイルが格納されます。

  4. ZIP ファイルを展開します。内容は arxml フォルダーと src フォルダーに整理されています。

  5. arxml フォルダーを確認します。各 AUTOSAR コンポーネントには、コンポーネントおよび実装の記述ファイルが存在し、アーキテクチャ モデルにはコンポジション、データ型、インターフェイス、およびタイミングの記述ファイルが存在しています。コンポジション ファイルには、コンポジション、コンポーネント プロトタイプ、コンポジションのポートおよびコネクタの XML 記述が含まれます。データ型ファイル、インターフェイス ファイル、およびタイミング ファイルには、アーキテクチャ モデルの全階層の要素が集約されています。

  6. src フォルダーを確認します。各コンポーネント モデルについて build フォルダーがあり、そこにはスタンドアロンのモデル ビルドからのアーティファクトが格納されています。

関連するトピック