Main Content

addBSWService

基本ソフトウェア コンポーネントの AUTOSAR アーキテクチャ モデルへの追加

説明

bswBlock = addBSWService(archCM,bswKind) は、bswKind タイプの基本ソフトウェア (BSW) のサービス コンポーネント ブロックをコンポジションまたはアーキテクチャ モデル archCM に追加します。bswKind の有効な値は、Diagnostic Event Manager の場合は 'dem' で、NVRAM Manager の場合は 'nvm' です (大文字と小文字は区別されません)。archCM 引数は、addCompositionautosar.arch.createModel または autosar.arch.loadModel への以前の呼び出しにより返されるコンポジションまたはアーキテクチャ モデルのハンドルです。bswBlock 出力引数はブロック ハンドルを返します。

すべて折りたたむ

NVRAM Service Component ブロックと Diagnostic Service Component ブロックを AUTOSAR アーキテクチャ モデルの最上位レベルに追加します。

% Create AUTOSAR architecture model
modelName = 'myArchModel';
archModel = autosar.arch.createModel(modelName);

% Add components inside the architecture model
addComponent(archModel,'Controller1');
actuator = addComponent(archModel,'Actuator');
set(actuator,'Kind','SensorActuator');

% Add Basic Software service component blocks
addBSWService(archModel,'nvm');
addBSWService(archModel,'dem');
layout(archModel);  % Auto-arrange layout

入力引数

すべて折りたたむ

BSW コンポーネントを追加する AUTOSAR コンポジションまたはアーキテクチャ モデル。この引数は、addCompositionautosar.arch.createModel または autosar.arch.loadModel への以前の呼び出しにより返されるコンポジションまたはアーキテクチャ モデルのハンドルです。

例: archModel

指定したコンポジションまたはアーキテクチャ モデルに追加する AUTOSAR BSW サービス コンポーネント ブロックのタイプ。有効な値は、Diagnostic Event Manager の場合は 'dem' で、NVRAM Manager の場合は 'nvm' です (大文字と小文字は区別されません)。

例: 'dem'

出力引数

すべて折りたたむ

AUTOSAR BSW ブロック ハンドルを返します。

バージョン履歴

R2020a で導入