Mapping Toolbox

地理情報を解析して可視化

Mapping Toolbox™ には、地理データを変換して地図表示を作成するためのアルゴリズムと関数が用意されています。地理的なコンテキストでデータを可視化したり、60 種類を超える地図投影から地図表示を作成したり、さまざまなソースから取得したデータを一貫性のある地理座標系に変換できます。

Mapping Toolbox は、地理データを管理するためのワークフロー全体をサポートします。さまざまなファイル形式や Web マップサーバーからベクトルデータおよびラスターデータをインポートできます。このツールボックスでは、トリミング、補間、再標本化、座標変換などの手法を使用して、データの処理やカスタマイズが可能です。1 つの地図表示上で、データと複数のソースから収集したベースマップレイヤーを結合することができます。作成したデータは、シェープファイル、GeoTIFF、KML などのファイル形式でエクスポートできます。

地理データのインポートとエクスポート

ベクトル、ラスター GIS、および地理空間データを MATLAB® 環境にインポートします。データを標準フォーマットにエクスポートしてラスターデータを作成し、地理情報システムや他の地理空間アプリケーションと共有することができます。

2D および 3D の地図表示

ベクトルデータとラスターデータのセットを 1 つの表示に結合し、等高線表示や他の種類のテーマ別の地図を作成します。

地形および標高の解析

数値地形や数値海底地形、その他のグリッド データ プロダクトなど、3D データを可視化および解析します。勾配、傾斜、縦横比、視程範囲、可視領域を計算します。

地理空間データ処理

地球などの惑星体の曲率を考慮した測地計算を実行します。

「ForWarn が運用を開始して間もなく、以前は気付かなかった流域に脅威をもたらす雹害が検出されました。MATLAB がなければ、これほど効率的な作業はできなかったでしょう。」

Duane Armstrong, NASA Stennis Space Center

無料評価版を入手する

30 日間の無料評価版はこちら


購入する

製品価格に関する情報と関連製品はこちら

あなたは学生ですか?

MATLAB および Simulink の学生向けソフトウェアの入手