サードパーティ製品/サービス

g.BSanalyze

MATLAB、Simulinkによるマルチモーダルオフライン生体信号処理と分析

ハイライト

  • モジュール型のツールボックスによる、幅広い生体信号解析パッケージ
  • データインポート、プリプロセッシング、パラメータ抽出、高性能な分析、印刷可能なプロット
  • 先進的なユーザ特有の手法やアルゴリズムとのインテグレーション
  • 履歴/ジャーナルファイルと便利なバッチプロセスモードでグループ研究データの自動解析
  • データエディターと、2D、3Dの結果表示・編集
  • 一般的なデータフォーマットをサポート

説明

g.BSanalyze は、臨床研究とライフサイエンスの分野のマルチモーダルの生体信号データ処理と分析のための対話型の環境です。生体信号のパターンや信号特性の調査は、脳、心臓、筋肉の機能や機能障害を研究者が非侵襲的に観察することを可能にします。g.BSanalyze の GUI は、電極モンタージュ、空間や時間のフィルタ設計、アーティファクトの修復、品質管理、スペクトル解析、コヒーレンス、相関性、バンドパワー分析、ERD/ERS分析、可視化およびデータセット分類などを定義できる機能があります。ユーザはスクリプトプログラムとして、好きな処理ステップを読み込んで保存し、g.BSanalyze バッチモードでデータを自動的に処理できます。

g.BSanalyze の処理機能により、マルチモーダルデータから関係する特徴を抽出し、ポスト処理用に有用なパラメーターを定義することが可能です。データに個別のクラスを割り当てるために、これらのパラメーターは g.BSanalyze の分類ツールと直接使用できます。

ミユキ技研

133-0033
東京都 文京区 本郷3-18-14
本郷ダイヤビル6階
電話: +81 (0)3-3818-8631
FAX: +81 (0)3-3818-8632
miyuki@miyuki-net.co.jp
http://www.miyuki-net.co.jp/

必須製品

プラットフォーム

  • Windows

サポート

  • コンサルティング
  • 電子メール
  • FAX
  • オンサイト サポート
  • 電話
  • トレーニング

製品タイプ

  • 実験室内実験
  • モデリング、シミュレーション ツール

タスク

  • データ解析、統計
  • デジタル信号処理
  • リアルタイム システム
  • システム モデリング、シミュレーション

産業分野

  • 航空宇宙、防衛
  • 自動車
  • 生命工学、製薬