ディープラーニングによるヘルメット検出

バージョン 1.0.0 (1.09 MB) 作成者: Takuji Fukumoto
Yolo v2モデルを用いてヘルメットをかぶっている人、かぶっていない人それぞれを検出するサンプルコードです。

ダウンロード 89 件

更新 2019/8/13

ライセンスの表示

ディープラーニングの物体検出技術は画像中の人検出によく利用されます。
自動運転などはもちろんですが、工場や作業現場での作業者の行動解析や危険区域で必要な装備を身に着けているかを確認する目的にもしばしば利用されます。

このファイルはラベルつけされた動画データを使って、ヘルメットをかぶっている人、かぶっていない人を見分ける物体検出用モデル(Yolo v2)を学習させるサンプルコードです。

[Keyward]
画像処理・コンピュータービジョン・ディープラーニング・機械学習・CNN・IPCVデモ・Deep Learning・Machine Learning・物体検出・Yolo v2・Object detection

引用

Takuji Fukumoto (2022). ディープラーニングによるヘルメット検出 (https://www.mathworks.com/matlabcentral/fileexchange/72380), MATLAB Central File Exchange. 取得済み .

MATLAB リリースの互換性
作成: R2019a
R2019a 以降と互換性あり
プラットフォームの互換性
Windows macOS Linux

Community Treasure Hunt

Find the treasures in MATLAB Central and discover how the community can help you!

Start Hunting!