フィルターのクリア

Stateflowの​状態遷移表のGUI以​外の操作方法

7 ビュー (過去 30 日間)
大貴 渡邉
大貴 渡邉 2021 年 9 月 2 日
コメント済み: stozaki 2021 年 9 月 6 日
Stateflowにおいて、大規模な状態遷移表(合計約600セル)を作成する場合、動作が重く、編集効率が低下してしまいます。
このことから、Stateflow上のGUIで直接編集する以外に状態遷移表を編集・操作する手段はありますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

採用された回答

stozaki
stozaki 2021 年 9 月 2 日
大貫様
Statelofo APIを使うことで、Stateflowエディタ(GUI上のマウス操作)を使わずに、Stateflow状態遷移図を記述することはできます。
ただし、通常マウスで操作しているので気にならないステートや遷移線の配置ですが、Statelofo APIでは「ステートや遷移線をどの位置に配置するか?」といった情報を付与する必要があります。
例:
  2 件のコメント
大貴 渡邉
大貴 渡邉 2021 年 9 月 2 日
私たちのモデル開発では、状態遷移表を用いた開発を試みています。
そこで、Statelofo APIを使用して、Chart(状態遷移図)を記述可能ということですが、そこからSTT(状態遷移表)へ変換したり、状態遷移表自体をStatelofo APIで記述したりすることは出来ますでしょうか。
stozaki
stozaki 2021 年 9 月 6 日
渡邉様
結論としては出来ます。変換を直接実行するAPIは無いので、プログラムを自作するしかありません。
Stateflow.Chartオブジェクトを作成するか、Stateflow.StateTransitionTableChartを作成するかの違いでしかありません。

サインインしてコメントする。

その他の回答 (0 件)

カテゴリ

Help Center および File Exchange複雑なロジック についてさらに検索

製品


リリース

R2021a

Community Treasure Hunt

Find the treasures in MATLAB Central and discover how the community can help you!

Start Hunting!