MATLAB および Simulink トレーニング

コースの詳細

この1日コースでは、LTE物理層と比較した5G物理層の違いと新機能の概要を説明します。 参加者は、MATLABと5G Toolbox™ を使用して、参照5G NR波形を生成し、エンドツーエンドの 5G NRPHYモデルを構築およびシミュレーションする方法について学習します。

  • 5G NR 物理層の紹介
  • 5G Toolbox を使用した5G NR の波形生成とシステムシミュレーション

1日目


5G NR 物理層の紹介

目的: 5G標準とLTE標準との違い、5Gの一般的な使用例と要件を紹介します。 次に、リソースグリッドとフレーム構造、および5G波形のニューメロロジーについて学びます。 データと制御情報および物理信号を含む、さまざまなダウンリンクおよびアップリンク物理チャネル の処理要素を理解し、セルサーチを含む初期補足手続きについて学びます。

  • 5G について: 新しいアプリケーション、リリース履歴、標準規格ドキュメント
  • 5G の紹介: ユースケース、要件、展開シナリオ
  • 5G の波形、フレーム構造、ニューメロロジー
  • 5G NR のダウンリンクデータとアップリンクデータ
  • 5G NR のダウンリンク制御、CORESET、アップリンク制御
  • 5G の物理信号: DM-RS、同期信号ブロック
  • 初期捕捉手続き: セルサーチとRACH
  • チャネルサウンディング用の信号

5G Toolbox を使用した5G NR の波形生成とシステムシミュレーション

目的: 5G Toolbox を使用するためのベストプラクティスとワークフローを学びます。 5G波形を生成する方法、空間チャネルモデルを設定する方法、およびチャネルを介して信号を 送信する方法を理解します。最後に、受信機への実装の問題とエンドツーエンドの パフォーマンスメトリックについて考察します。

  • 5G Toolbox の概要
  • 対話型ツールとプログラムによる5G 波形生成
  • クラスター遅延線とタップ付き遅延線の無線チャネルモデルの構成
  • ノイズの多いチャネルに対する信号伝送
  • 同期とチャネル推定を含む受信機の実装
  • エンドツーエンドのシステム性能の指標
  • アプリケーション固有のワークフローの概要

レベル: 上級

必要条件:

  • MATLAB 基礎 コースを受講された方。また、LTEシステムに関する十分な知識をお持ちの方。

期間: 1 日

言語: English

スケジュールを確認して登録する