MATLAB および Simulink トレーニング

コースの詳細

本コースは、MATLAB®テクニカル コンピューティング環境を総合的に学ぶことができる 3日間のコースです。 このコースは自動車分野の初級ユーザーや、再び MATLAB を学び直したい方を対象としています。なお、プログラミング経験や MATLAB の予備知識は必要ありません。なお、このコースには自動車分野の様々な例題・演習問題が含まれており、 このコースで学ぶプログラミングテクニックが自動車分野の事例に応用できることを学びます。 

  • MATLAB ユーザー インターフェイスの使用
  • 変数とコマンド
  • ベクトルを使用した解析と可視化
  • 行列を使用した解析と可視化
  • データのテーブル
  • 条件付きデータ選択
  • データの管理
  • データの解析
  • プログラミング構文を使用したタスクの自動化
  • 関数を使用したタスクの自動化

1日目


MATLAB ユーザー インターフェイスの使用

目的: この章では、MATLAB 統合環境における主要な機能とそのユーザーインターフェイスを紹介します。 このコースの多くのテーマをこの章で紹介し、後の章で詳細に検討します

  • インターフェイスの移動
  • ファイルからのデータの読み取り
  • 変数の保存と読み込み
  • カスタム プロットの作成
  • 他のアプリケーションでの利用のためにグラフィックスをエクスポート

変数とコマンド

目的: 変数の作成、データへのアクセスと操作、基本的な可視化に重点を置いてMATLABコマンドを実行します。 最後に、MATLABコマンドをスクリプトに集めて実行と実験を簡単にします

  • コマンドの入力
  • 数値変数の作成
  • 文字配列の作成
  • プロットの作成と注釈の追加
  • ヘルプ内容の取得
  • スクリプトの作成と実行
  • ライブ スクリプトの書式設定

ベクトルを使用した解析と可視化

目的: ベクトルを使用した数学演算および統計演算を実行します。その際、1つのコマンドでデータセット全体に対して演算を実行します。 最後に、ライブスクリプトとその結果を他の MATLAB ユーザーと共有できるようエクスポートします。

  • ベクトルを使用した計算
  • ベクトル変数の作成
  • ベクトルの要素へのアクセスと操作
  • ライブ スクリプトの共有

2日目


行列を使用した解析と可視化

目的: 数学オブジェクトまたはデータの集合(ベクトル)として行列を使用します。また、 これらの用途を区別するための適切な MATLAB 構文の使用法についても学習します。

  • 行列の作成と操作
  • 行列を使用した計算
  • 行列データに対する統計量
  • 行列の可視化

データのテーブル

目的: MATLAB のテーブルとしてデータをインポートし、テーブルとして保存されたデータを処理します

  • データをテーブルに格納
  • テーブルの操作
  • テーブルのインデックス付け
  • テーブルからのエクスポートト

条件付きデータ選択

目的: 指定された条件を満たすデータのサブセットを抽出して分析します。

  • 論理演算と論理変数
  • 検索とカウント
  • 論理インデックス

データの管理

目的: 分析のために表データを整理します。その際、適切な ネイティブ MATLAB データ型を使用してデータを定義します

  • テーブルのプロパティの変更
  • テーブルの結合
  • MATLAB のデータ型
  • 日付と期間
  • カテゴリカル データ

3日目


データの解析

目的:MATLAB での典型的なデータ解析タスクについて学びます。タスクにはファイルからのデータのインポート、データの前処理、 データへのモデル近似、そして可視化のカスタマイズが含まれています。

  • ファイルからのデータのインポート
  • データの正規化
  • 欠損データの扱い
  • 多項式近似
  • 可視化のカスタマイズ

プログラミング構文を使用したタスクの自動化        

目的: ユーザーと対話しながら意思決定を行い、さまざまな状況に適応できる柔軟なコードを作成します。

  • プログラミング構文
  • ユーザーの対話的操作
  • 判定分岐
  • ループ

関数を使用したタスクの自動化

目的: モジュール化されたタスクをユーザー定義関数としてカプセル化することで、自動化を強化します。 また、MATLAB がファイルと変数への参照を判断する方法を理解します。 最後に、MATLAB のデバッグツールを使用して、コードに含まれる問題を見つけて修正する方法を学びます。

  • 関数の作成と呼び出し
  • ワークスペース
  • パスと順位
  • デバッグ
  • 構造体の使用

レベル: 初級

必要条件:

  • 理工系大学レベルの数学的な基礎知識をお持ちで、パソコンの基本操作をご存じの方

期間: 3 日間

言語: Deutsch

スケジュールを確認して登録する