MATLAB および Simulink トレーニング

コースの詳細

この1日コースでは MATLAB® と Computer Vision Toolbox™ を使用して、コンピュータ ビジョン

の課題に取り組む方法を学習します。

  • ビデオのインポート、可視化および注釈の設定
  • オブジェクトの検出
  • 動きの推定
  • オブジェクトの追跡
  • カメラキャリブレーション

1日目


ビデオのインポート、可視化および注釈の設定

目的: MATLAB にビデオをインポートし、注釈を付けたり可視化を行います。 また、System Objects™ を使用した反復計算の実行方法について学びます。

  • ビデオのインポートと再生
  • ビデオフレームの結合と重ね合わせ
  • ビデオフレームへのテキスト、形状およびマーカーの挿入
  • System object を使用したビデオフレームでの反復計算の実行

オブジェクトの検出

目的: 機械学習、ディープラーニング アルゴリズムによるオブジェクトの検出について学びます。

  • 勾配ヒストグラムによる特徴の抽出
  • イメージラベラーアプリケーションの使用
  • オブジェクトのカスケード検出機能を使用したオブジェクトの検出
  • ディープラーニングによるオブジェクト検出機能を使用したオブジェクトの検出

動きの推定

目的: ビデオシーケンス内の動きの長さや方向を推定します。

  • 動きの感知
  • オプティカルフロー

オブジェクトの追跡

目的: 単一・複数の物体を追跡し、それらの軌跡を推定します。また、物体の位置を予想して、隠れた物体の処理をします。

  • 1 つのオブジェクトの追跡
  • 複数の物体の追跡

カメラキャリブレーション

目的: イメージからレンズ歪みを除去し、平面上の物体のサイズを計測します。

  • 固有パラメーターと外部パラメーターの推定
  • カメラキャリブレーション誤差の可視化
  • レンズ歪みの除去
  • 平面上の物体の測定

レベル: 中級

必要条件:

期間: 1 日

言語: English, 한국어, 中文

スケジュールを確認して登録する