Main Content

wavelets

DWT フィルター バンクの時間領域ウェーブレット

説明

psi = wavelets(fb) は、離散ウェーブレット変換 (DWT) フィルター バンク fb のウェーブレット通過帯域フィルターに対応する時間領域と中央揃えされたウェーブレットを返します。

[psi,t] = wavelets(fb) は、サンプリング時点 t を返します。

すべて折りたたむ

Daubechies db2 ウェーブレットと 1 kHz のサンプリング周波数を使用して、信号長が 1,000 サンプルの 7 レベル DWT フィルター バンクを作成します。

wv = "db4";
len = 1000;
lev = 7;
Fs = 1e3;
fb = dwtfilterbank('Wavelet',wv,'SignalLength',len,'Level',lev,'SamplingFrequency',Fs);

ウェーブレット バンドパス フィルターに対応する時間領域と中央揃えされたウェーブレットをプロットします。

[psi,t] = wavelets(fb);
plot(t,psi')
grid on
title('Time-domain Wavelets')

Figure contains an axes object. The axes object with title Time-domain Wavelets contains 7 objects of type line.

最も細かいスケールの時間領域ウェーブレットと、対応するウェーブレット バンドパス フィルターの片側振幅周波数応答をプロットします。

sc = 1;
[psidft,f] = freqz(fb);
subplot(2,1,1)
plot(t,psi(sc,:))
grid on
xlabel('Time (sec)')
ylabel('Magnitude')
title(['Level ',num2str(sc),' Time-Domain Wavelet'])
subplot(2,1,2)
plot(f(len/2:end),abs(psidft(sc,len/2:end)))
grid on
xlabel('Hz')
ylabel('Magnitude')
title('Magnitude Frequency Response')

Figure contains 2 axes objects. Axes object 1 with title Level 1 Time-Domain Wavelet contains an object of type line. Axes object 2 with title Magnitude Frequency Response contains an object of type line.

入力引数

すべて折りたたむ

離散ウェーブレット変換 (DWT) フィルター バンク。dwtfilterbank オブジェクトとして指定します。

出力引数

すべて折りたたむ

ウェーブレット通過帯域フィルターに対応する時間中心のウェーブレット。L 行 N 列の行列として返されます。ここで、L はフィルター バンクの Level、N は SignalLength です。psi のウェーブレットは、最も細かいスケール分解能から最も粗いスケール分解能の順に並べられます。

サンプリング時点。長さ N の実数値ベクトル t として返されます。ここで、N はフィルター バンクの SignalLength です。サンプリング時点は、間隔 [½NDT,½NDT) にあります。ここで、DT はフィルター バンクのサンプリング周期 (フィルター バンクのサンプリング周波数の逆数) です。

バージョン履歴

R2018a で導入