ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ノイズ除去と圧縮

ウェーブレット縮小、ノンパラメトリック回帰、ブロックしきい値処理、多重信号しきい値処理

ウェーブレットおよびウェーブレット パケットのノイズ除去を使用すると、他のノイズ除去手法では除去または平滑化されることがよくあるデータの特徴を維持することができます。知覚的に重要でないウェーブレットおよびウェーブレット パケットの係数をゼロに設定し、データを再構成することでデータを圧縮できます。信号内のノイズは必ずしも時間において一様であるとは限らないため、間隔に依存するしきい値を適用し、分散が一定ではないデータのノイズ除去を行うことができます。

Wavelet Toolbox™ の関数を使用してノイズを除去し、圧縮された信号およびイメージを得ます。ウェーブレット信号デノイザーおよびウェーブレット アナライザーを使用して、多数のしきい値処理戦略から選択したり、信号およびイメージのノイズ除去を調べることができます。

  • ノイズ除去
    ウェーブレット縮小、ノンパラメトリック回帰、ブロックしきい値処理、多重信号しきい値処理
  • 圧縮
    ウェーブレット空間配向ツリー、SPIHT、EZW、WDR、AWDR、マッチング追跡

注目の例