Main Content

このページは機械翻訳を使用して翻訳されました。ここをクリックして、元の英語を参照してください。

データに基づいてアクションを実行

この例では、ThingTweet アプリと React アプリを使用して、露点データが 60°F を超えたときにツイートを送信する方法を示します。

前提条件の手順

この例では、以下の手順が実行済みでなければなりません。

  • Twitter® アカウントを作成します。

  • Sign In を MathWorks® アカウントまたは ThingSpeak™ アカウントに追加するか、新しい MathWorks account を作成します。

  • チャネルの作成 を露点測定チャネルとして使用します。

  • 気象観測所のデータをチャネルに読み込み、露点の計算 します。

Twitter アカウントをアタッチ

  1. AppsThingTweet に移動します。

  2. ThingTweetページで、Link Twitter Account をクリックして、Twitter アカウントを ThingSpeak アカウントにリンクします。

  3. Twitter のユーザー名とパスワードを入力し、[Authorize App] をクリックします。

  4. Authorization ページで、Back to ThingTweet をクリックします。Twitter アカウントが ThingSpeak にリンクされていることに注意してください。

露点の変化に反応

この例では、チャネルを 10 分ごとに確認して、露点レベルが 60°F を超えるたびにツイートを送信する方法を説明します。

  1. AppsReact に移動し、New React をクリックします。

  2. React を "Dew Point Tweet" と名付けます。

  3. Condition TypeNumericに設定します。

  4. Test FrequencyEvery 10 minutesに設定します。

  5. チャネルの湿度値が 60 以上に達したときにトリガーされるよう条件を設定します。

    • If channel: 露点測定チャネルを選択します。

    • field: 3 (露点) を選択します。

    • 条件タイプとして、is greater than or equal to を選択します。

    • 条件値として「60」と入力します。

    • ActionThingTweetに設定します。

    • then tweet に次の文字列を入力します。

      Turn off that humidifier! It's above 60F 

    • using Twitter account で Twitter アカウントを選択します。

    • Options で、Run action each time the condition is met を選択します。

    • Save React」をクリックします。

湿度レベルが 60°F を超えるたびに次のツイートが送信されます。

関連する例

詳細