ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

convertMuPADNotebook

MuPAD Notebook を MATLAB ライブ スクリプトに変換

構文

convertMuPADNotebook(MuPADfile,MATLABLiveScript)
convertMuPADNotebook(MuPADfile)

説明

convertMuPADNotebook(MuPADfile,MATLABLiveScript) は、MuPAD® Notebook ファイル MuPADfile (.mn) を MATLAB® ライブ スクリプト ファイル MATLABLiveScript (.mlx) に変換します。ここで、ファイルが現在のフォルダー内に存在している場合を除き、MuPADfileMATLABLiveScript のどちらも絶対パスでなければなりません。ライブ スクリプトの詳細については、ライブ エディターでライブ スクリプトを作成 (MATLAB)を参照してください。

convertMuPADNotebook(MuPADfile) は、変換後のコードを含む MATLAB ライブ スクリプト ファイルに対して、同じ名前とパス (MuPADfile) を使用します。結果の MATLAB ライブ スクリプト ファイルでは、拡張子 .mn.mlx に変化します。

MuPAD Notebook から MATLAB スクリプトへの変換

convertMuPADNotebook を使用して、MuPAD Notebook を MATLAB ライブ スクリプトに変換します。または、現在のフォルダー ブラウザーにある Notebook を右クリックして、コンテキスト メニューから [ライブ スクリプトとして開く] を選択します。

現在のフォルダーに myNotebook.mn という名前の MuPAD Notebook が含まれているとします。この Notebook を myScript.mlx という名前の MATLAB ライブ スクリプト ファイルに変換します。

convertMuPADNotebook('myNotebook.mn','myScript.mlx')

結果のファイルを開きます。

edit('myScript.mlx')

コードの正確さと完全性を視覚的にチェックします。次にこれを実行して検証します。

変換後のファイルへの同じ名前の使用

MuPAD Notebook を、同じ名前の MATLAB ライブ スクリプト ファイルに変換します。

現在のフォルダーに myFile.mn という名前の MuPAD Notebook が含まれているとします。この Notebook を myFile.mlx という名前の MATLAB ライブ スクリプト ファイルに変換します。

convertMuPADNotebook('myFile.mn')

結果のファイルを開きます。

edit('myFile.mlx')

コードの正確さと完全性を視覚的にチェックします。次にこれを実行して検証します。

変換エラーまたは変換警告の修正

convertMuPADNotebook によって、変換後のコードに変換エラーまたは変換警告があることが報告された場合、使用する前に結果の MATLAB コードを修正します。

MuPAD Notebook myNotebook.mn を MATLAB ライブ スクリプト ファイル myScript.mlx に変換します。myNotebook.mn には MATLAB コードに直接変換できないコマンドが含まれるため、convertMuPADNotebook は、これらのコマンドに変換エラーや変換警告のフラグを付けます。

convertMuPADNotebook('myNotebook.mn','myScript.mlx')
Created 'myScript.mlx': 4 translation errors, 1 warnings. For verifying...
 the document, see help.
ans =
c:\MATLABscripts\myScript.mlx

変換エラーは、convertMuPADNotebook で MuPAD Notebook の一部を変換できかったこと、およびこの部分がないと変換後のコードが正しく実行されないことを示します。変換警告は、convertMuPADNotebook で MuPAD Notebook の一部 (空の入力領域など) を変換できず、その部分を無視したことを示します。変換されたコードに警告が含まれていても、ほとんどの場合には問題なく実行できます。

結果のファイルを開きます。

edit('myScript.mlx');

変換エラーを取り除きます。まず "変換エラー" を検索します。"変換エラー" の隣にある変換後のコードには、どの MuPAD コマンドで変換を適切に実行できなかったかを説明する簡単なコメントが表示されます。問題の詳細と修正方法に関する推奨事項が記載されたドキュメンテーションへのリンクもあります。問題を修正した後、対応するエラー メッセージとそれに関連するコメントを削除します。

"変換警告" を検索して変換警告を見つけます。変換後のコードには、"変換警告" の隣に簡単なコメントとドキュメンテーションへのリンクが表示されます。一部の警告では、コードを適切に実行するためにコードを適応させる必要があります。多くの場合、変換警告は無視できます。コードを修正するか、警告を無視するかにかかわらず、警告メッセージおよびそれに関連するコメントを削除します。

コードの正確さと完全性を視覚的にチェックします。

結果の MATLAB コードを実行して、適切に実行できることを検証します。

フォルダー内のすべての Notebook の変換

フォルダー内のすべての MuPAD Notebook を変換するには、そのフォルダーを現在のフォルダーにした後、ループを使用してフォルダー内のすべての Notebook について関数 convertMuPADNotebook を呼び出します。

files = dir('*.mn');
for i = 1:numel(files)
	convertMuPADNotebook(files(i).name)
end

MuPAD プロシージャを MATLAB 関数に変換する

関数 convertMuPADNotebook は MuPAD プロシージャを MATLAB 関数に変換します。すべての MuPAD プロシージャが変換できるわけではありません。

簡単なプロシージャは無名関数に変換されます。MuPAD Notebook を以下のコードで変換します。

f := x -> x^2
f(2)

convertMuPADNotebook の出力は無名関数 f を使用したライブ スクリプトです。

無名関数の詳細は、無名関数 (MATLAB)を参照してください。

プロシージャが複雑すぎて無名関数に変換できない場合は、ライブ スクリプトのローカル関数に変換されます。ローカル関数は、ライブ スクリプトの末尾に配置されます。

MuPAD Notebook を以下のコードで変換します。

x -> if x=1 then 2 else 3 end
f(0)

このプロシージャは複雑すぎて無名関数に変換できませんでした。convertMuPADNotebook の出力はローカル関数 aux2 を使用したライブ スクリプトです。

スクリプト内のローカル関数の詳細は、スクリプトへの関数の追加 (MATLAB)を参照してください。

MuPAD プログラム ファイル (.mu) を読み込む Notebook を変換する場合、convertMuPADNotebookread コマンドを .mu ファイルの内容に置き換えます。Notebook とプログラム ファイルは同じディレクトリに存在しなければなりません。

入力引数

すべて折りたたむ

MuPAD Notebook の名前。文字ベクトルとして指定します。ファイルが現在のフォルダーにない場合は、この文字ベクトルはファイルへの絶対パスを指定しなければなりません。

例: 'C:\MuPAD_Notebooks\myFile.mn'

MATLAB ライブ スクリプト ファイルの名前。文字ベクトルとして指定します。ファイルを現在のフォルダーに作成しない場合は、この文字ベクトルはファイルへの絶対パスを指定しなければなりません。

例: 'C:\MATLAB_Scripts\myFile.mlx'

R2016a で導入