ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

unidpdf

離散一様確率密度関数

構文

Y = unidpdf(X,N)

説明

Y = unidpdf(X,N) は、N で対応する観測可能な最大値を使用して、X の各値で離散一様累積分布関数を計算します。XN は、同じサイズのベクトル、行列、または多次元配列になります。スカラー入力は、他の入力と同じ次元の定数配列に展開されます。N のパラメーターは、正の整数でなければなりません。

離散一様確率密度関数は、次の式で表されます。

y=f(x|N)=1NI(1,...,N)(x)

y は、1 と n の範囲内にある任意の 1 つの値を観測する確率と見なすことができます。

n が固定されている場合、離散一様確率密度関数は定数です。

y = unidpdf(1:6,10)
y =
  0.1000  0.1000  0.1000  0.1000  0.1000  0.1000

ここで、x を固定し、n を変化させます。

likelihood = unidpdf(5,4:9)
likelihood =
  0  0.2000  0.1667  0.1429  0.1250  0.1111

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2006a より前に導入