ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

raylrnd

レイリー乱数

構文

R = raylrnd(B)
R = raylrnd(B,v)
R = raylrnd(B,m,n)

説明

R = raylrnd(B) は、スケール パラメーター B でレイリー分布から選択された乱数の行列を返します。B は、ベクトル、行列、または多次元配列です。R のサイズは、B のサイズです。

R = raylrnd(B,v) は、パラメーター B でレイリー分布から選択された乱数の行列を返します。ここで、v は行ベクトルです。v が 1 行 2 列のベクトルの場合、Rv(1)v(2) 列の行列になります。v が 1 行 n 列の場合、R は n 次元配列になります。

R = raylrnd(B,m,n) は、パラメーター B でレイリー分布から選択された乱数の行列を返します。ここで、スカラー mnR の行と列の次元です。

r = raylrnd(1:5)
r =
  1.7986  0.8795  3.3473  8.9159  3.5182

拡張機能

R2006a より前に導入