ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

invpred

構文

X0 = invpred(X,Y,Y0)
[X0,DXLO,DXUP] = invpred(X,Y,Y0)
[X0,DXLO,DXUP] = invpred(X,Y,Y0,name1,val1,name2,val2,...)

説明

X0 = invpred(X,Y,Y0) は、同じ長さのベクトル X および Y を受け入れ、単純回帰をあてはめ、線の高さが Y0 と等しい推定値 X0 を返します。出力 X0 は、Y0 と同じサイズであり、Y0 は任意のサイズの配列となります。

[X0,DXLO,DXUP] = invpred(X,Y,Y0) は、95% 逆予測区間も計算します。DXLO および DXUP は、下限 X0–DXLO および上限 X0+DXUP を使用して区間を定義します。DXLODXUP のサイズは、いずれも Y0 と同じサイズです。

区間は同時ではなく、有限である必要はありません。一部の区間は、有限な値から -Inf または +Inf に拡張できたり、実数直線全体に拡張できる場合もあります。

[X0,DXLO,DXUP] = invpred(X,Y,Y0,name1,val1,name2,val2,...) は、以下のリストから選択したオプションの引数名/値のペアを指定します。引数名では大文字と小文字が区別されません。また、部分一致が許容されています。

名前
'alpha'

100*(1-alpha)% の信頼度を指定する 0 ~ 1 の範囲の値。既定の設定は、95% の信頼度を意味する alpha=0.05 です。

'predopt'

新しい観測が Y0 に等しい X0 の区間を計算する既定値 'observation'、または曲線が Y0 に等しい X0 値の区間を計算する 'curve'

すべて折りたたむ

標本データを生成します。

x = 4*rand(25,1);
y = 10 + 5*x + randn(size(x));

このデータの散布図を作成します。

scatter(x,y)

y の値が 20 である場合の x の値を予測します。

x0 = invpred(x,y,20)
x0 = 1.9967

R2006a より前に導入