Main Content

interactionplot

グループ化されたデータの交互作用プロット

構文

interactionplot(Y,GROUP)
interactionplot(Y,GROUP,'varnames',VARNAMES)
interactionplot(fig,___)
[h,AX,bigax] = interactionplot(...)

説明

interactionplot(Y,GROUP) は、GROUP (cell 配列または行列が可能) 内のエントリによって定義されたグループを使用して、行列 Y のグループ平均に対する 2 因子交互作用プロットを表示します。Y は、数値行列またはベクトルです。Y が行列の場合、行は異なる観測値を表し、列は各観測値の反復数を表します。Y がベクトルである場合、各行は GROUP の各エントリの平均です。GROUP が cell 配列である場合、GROUP の各セルにはグループ化変数が含まれていなければなりません。グループ化変数は、カテゴリカル変数、数値ベクトル、文字行列、string 配列、または文字ベクトルによる 1 列の cell 配列です。GROUP が行列である場合、各列は異なるグループ化変数を表します。各グループ化変数は、Y と同じ行数でなければなりません。グループ化変数の数は 1 より大きくなければなりません。

交互作用プロットは、グループ化変数の数に等しい行数および列数をもつ行列プロットです。グループ化変数名は、プロット行列の対角で出力されます。非対角位置にあるプロット (i,j) は、行対角 (i,i) および列対角 (j,j) でそれぞれ与えられた名前の 2 つの変数の交互作用です。

interactionplot(Y,GROUP,'varnames',VARNAMES) は、ユーザー指定のグループ化変数名 VARNAMES を使用して交互作用プロットを表示します。VARNAMES は、文字行列、string 配列、または文字ベクトルの cell 配列であり、各グループ化変数に対して 1 つずつ指定します。既定の名前は 'X1', 'X2', ... のようになります .

interactionplot(fig,___) は、前の構文におけるいずれかの入力引数の組み合わせを使用して、現在の Figure (gcf) ではなく fig によって指定される Figure にプロットします。 (R2024a 以降)

[h,AX,bigax] = interactionplot(...) は、Figure ウィンドウへのハンドル h、サブプロット軸へのハンドルの行列 AX、およびサブプロットのフレームである大きな Axes (非表示) へのハンドル bigax を返します。

すべて折りたたむ

応答変数 y のデータを無作為に生成します。

rng default;     % For reproducibility
y = randn(1000,1);

4 つの 3 水準因子のデータを無作為に生成します。

group = ceil(3*rand(1000,4));

それらの因子の交互作用プロットを表示し、因子の名前を「A」、「B」、「C」、「D」にそれぞれ設定します。

interactionplot(y,group,'varnames',{'A','B','C','D'})

バージョン履歴

R2006b で導入

すべて展開する