最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

bbdesign

ボックスベーンケン計画法

構文

dBB = bbdesign(n)
[dBB,blocks] = bbdesign(n)
[...] = bbdesign(n,param,val)

説明

dBB = bbdesign(n) は、n 因子のボックスベーンケン計画法を生成します。n3 以上の整数でなければなりません。出力 dBB は、m 行 n 列の行列です。ここで、m は計画の実行回数です。各行が 1 回の実行を表し、すべての因子の設定は列に指定します。因子の値は、キューブ ポイントが -11 の間の値を取るように正規化されます。

[dBB,blocks] = bbdesign(n) ブロック分割された計画を必要とします。出力 blocks は実行ごとのブロック番号を示す m 行 1 列のベクトルです。ブロックは、パラメーター推定においてブロック間の差の影響を最小にするために同じ条件で測定される実行のことを指します。

[...] = bbdesign(n,param,val) は、その計画用に 1 つ以上のパラメーター/値のペアをオプションで指定します。次の表は、有効なパラメーターと値のペアを示しています。

パラメーター説明
'center'

中心点の数。

整数。既定値は n に応じて異なります。

'blocksize'

ブロックあたりの最大点数。

整数。既定の設定は Inf です。

次の例では 3 因子のボックスベーンケン計画法を作成します。

dBB = bbdesign(3)
dBB =
    -1    -1     0
    -1     1     0
     1    -1     0
     1     1     0
    -1     0    -1
    -1     0     1
     1     0    -1
     1     0     1
     0    -1    -1
     0    -1     1
     0     1    -1
     0     1     1
     0     0     0
     0     0     0
     0     0     0

中心点は 3 回実行され、計画空間全体での予測の分散のより一様な推定を可能にします。

以下のように、計画を可視化します。

plot3(dBB(:,1),dBB(:,2),dBB(:,3),'ro',...
         'MarkerFaceColor','b')
X = [1 -1 -1 -1 1 -1 -1 -1 1 1 -1 -1; ...
     1 1 1 -1 1 1 1 -1 1 1 -1 -1];
Y = [-1 -1 1 -1 -1 -1 1 -1 1 -1 1 -1; ...
     1 -1 1 1 1 -1 1 1 1 -1 1 -1];
Z = [1 1 1 1 -1 -1 -1 -1 -1 -1 -1 -1; ...
     1 1 1 1 -1 -1 -1 -1 1 1 1 1];
line(X,Y,Z,'Color','b')
axis square equal

参考

R2006a より前に導入