Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ステートとしての Simulink サブシステム

Stateflow® チャート内に Simulink® ベースのステートを組み込む

Stateflow ステートに組み込まれた、連続または周期的 Simulink アルゴリズムをモデル化します。Simulink ベースのステートをサブシステムとしてカスタム ライブラリに保存します。ライブラリ ブロックが更新されると、そのブロックを含むすべての Stateflow チャートに変更内容が反映されます。

トピック

ステートとしての Simulink サブシステム

Simulink サブシステムを Stateflow ステート内で使用してハイブリッド システムをモデル化する。

Simulink ベースのステートの作成と編集

Stateflow チャート内で Simulink ベースのステートを定義する。

ブロックの状態データへのアクセス

Simulink ベースのステートの状態変数を設定する。

Simulink ベースのステートに対する変数のマッピング

Simulink ベースのステートの変数がチャートの出力にマッピングすることを確認する。

Simulink ベースのステートのプロパティの設定

Simulink ベースのステートのプロパティを指定する。

注目の例