Main Content

一連のテスト ケースの自動作成

モデル要素からのテスト ケースの作成

モデル内のブロックとテスト ハーネスに対応する一連のテスト ケースと反復を自動的に作成できます。テスト ケースがベースライン、等価性、またはシミュレーションのいずれのテスト ケースであるかを指定します。テスト ケースを自動的に作成するには、モデルに次のいずれかまたは両方が含まれていなければなりません。

  • モデルの最上位に 1 つの Signal Editor ブロック。ブロックにシナリオが 1 つだけある場合、テスト ケースが作成されます。ブロックにシナリオが複数ある場合、シナリオごとに反復が作成されます。

  • テスト ハーネス。テスト ハーネスの最上位に Signal Editor ブロックが 1 つ (1 つだけ) 含まれている場合、そのブロックのシナリオについてのテスト ケースが作成されます。ブロックにシナリオが複数ある場合、シナリオごとに反復が作成されます。

モデルのテスト ケースまたは反復を自動的に作成するには、次のようにします。

  1. テスト マネージャーで、[新規][テスト ファイル][モデルからのテスト ファイル] を選択します。

  2. ダイアログ ボックスで、テスト ケースを生成するモデルを選択します。モデルは MATLAB® パス上になければなりません。

  3. テスト ケース タイプを選択し、[作成] をクリックします。

モデルからのテスト ケースの生成

モデルの階層構造に基づいてテスト ケースを生成します。

この例では、モデル内のコンポーネントに基づいてテスト ケースを生成する方法を示します。この例で使用するモデル sltestCar では、以下が事前に構成されています。

  • モデルの最上位に Signal Editor ブロック

  • モデルの最上位にテスト ハーネス

  • テスト ハーネスの最上位に Signal Editor ブロック

モデルとテスト マネージャーを開く

次のコードを実行して、信号エディター シナリオやテスト ハーネスなどの各種コンポーネントが構成されたモデルを開きます。

Model = 'sltestCar';
open_system(Model);

テスト マネージャーを開きます。MATLAB コマンド プロンプトで「sltestmgr」と入力します。

モデルからのテスト ケースの生成

テスト マネージャーで、[新規] の矢印をクリックし、[モデルからのテスト ファイル] を選択します。

  1. [新規テスト ファイル] ダイアログ ボックスで、[現在のモデルを使用] ボタンをクリックし、[モデル] として sltestCar を指定します。

  2. テスト ファイルの [場所] を指定します。

  3. [テスト タイプ] ドロップダウンから [Baseline] を選択します。生成されるすべてのテスト ケースが、ここで指定したテスト タイプになります。

  4. [作成] をクリックします。

sltestCar/Inputs テスト ケースでは、テーブルによる反復が使用されます。

テストを実行する前に、生成された各テスト ケースのベースライン基準を指定する必要があります。

クリーン アップ

close_system(Model, 0);
clear Model;
sltest.testmanager.clear
sltest.testmanager.clearResults
sltest.testmanager.close

関連するトピック