Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

拡張 MCDC を使用した back-to-back テストの作成と実行

この例では、拡張 MCDC を使用して back-to-back テストを作成および実行する方法を説明します。拡張 MCDC では、モデル内のそれぞれのオブジェクティブの検出可能性の解析が行われ、それぞれのオブジェクティブについてマスキングなしのテスト ケースが生成されます。詳細については、Simulink Design Verifier の拡張 MCDC カバレッジを参照してください。

Simulink® Test™ での back-to-back テストは、ノーマル シミュレーションの結果を、ソフトウェアインザループ、プロセッサインザループ、またはハードウェアインザループのシミュレーションから生成されたコードの結果と比較します。

セクション 1: モデルの準備

1.モデルを開きます。

model = ('sldvSliceCruiseControl');
open_system(model);

2.コード生成およびログ記録用にモデルを準備します。

set_param(model, 'ProdHWDeviceType', 'Intel->x86-64 (Linux 64)');
set_param(model, 'ProdLongLongMode', 'on');
set_param(model, 'SaveOutput', 'on');
set_param(model, 'SignalLogging', 'on');
set_param(model, 'SaveFormat', 'Dataset');

メモ: オプションで、モデルの内部信号をテスト ポイント ログ信号 (sldvSliceCruiseControl/CruiseControlMode/opMode/Switch など) としてマークし、拡張 MCDC 解析中にこれらの信号が検出サイトとして優先されるようにすることもできます。テストポイント ログ信号を使用した検出サイトの構成を参照してください。

3.コードを生成します。

[アプリ] タブで、[Embedded Coder] をクリックしてから [コード生成] をクリックします。

Embedded Coder は、モデルのコード生成レポートを生成します。生成されたレポートのウィンドウを閉じます。Simulink Design Verifier は、生成されたコード内のログ信号に関する情報を使用して、拡張 MCDC 用の検出サイトを構成します。コードを生成しない場合、Simulink Design Verifier は、モデル内のテスト ポイント ログ信号に関する情報を使用して、拡張 MCDC 用の検出サイトを構成します。

セクション 2: 拡張 MCDC を使用した back-to-back テストの作成

以下の手順に従って、Simulink Test テスト マネージャーで back-to-back テストを作成します。

1.[Simulink Test] タブを開くには、[アプリ] タブの [モデルの検証とテスト] セクションで、[Simulink Test] をクリックします。

2.テスト マネージャーを開くには、[テスト] タブで、[Simulink テスト マネージャー] をクリックします。

3.[新規][モデル コンポーネントのテスト] をクリックします。[モデル コンポーネントのテストの作成] ウィザードが開きます。

4.テスト対象の [最上位モデル] を指定するには、[最上位モデル] フィールドの横にある [現在選択されているモデル コンポーネントの使用] ボタンをクリックしてフィールドに入力します。

5.[次へ] をクリックし、Simulink Design Verifier を使用してテスト入力を生成する方法を指定します。[Design Verifier を使用してテスト入力シナリオを生成する] を選択します。このオプションでは、Simulink Design Verifier を使用してモデルを実行し、入力を作成します。

6.[次へ] をクリックしてテスト方法を選択します。[back-to-back テストを実行する] を選択します。[シミュレーション 1] には、Normal を選択します。[シミュレーション 2] には、Software-in-the-Loop (SIL) を選択します。[モデル カバレッジ オブジェクティブを拡張 MCDC として設定] を選択します。

7.[次へ] をクリックして、入力ソース、形式、テスト データと生成されたテストの保存場所を指定します。[ファイル形式を指定] で、[MAT] を選択します。[テスト データを保存する場所を指定] には、既定の場所の名前を使用します。

8.[完了] をクリックします。Simulink Test によりテスト ケースが作成され、ウィザードが閉じられます。

セクション 3: back-to-back テストの実行

back-to-back テストを実行するには、Simulink テスト マネージャーで [実行] をクリックします。

クリーン アップ

例を完了するには、モデルを閉じます。

bdclose(model);

関連するトピック